トンイ〜同伊〜【55話と56話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

トンイ

 

このページでは、トンイ〜同伊〜の55話と56話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

55話のあらすじ

ヒビンは、トンイに対し世子を救う方法はないのかと必死に質問していました。

 

そして世子だけは救いたいという一心で、トンイにすがりつき、世子を守ってほしいと懇願します。

 

そんなヒビンに対し、トンイは何も答えませんでした。

 

ヒビンは毒薬を飲んで死ぬことになったため、スクチョンに死んでいく姿を見届けてほしいとお願いしました。

 

ついに毒薬を飲む時間になり、ヒビンは泣きながら毒薬を飲み、苦しみながら死へと近づいて行きます。

 

その際ヒビンは、宮廷でのひと時を思い出していました。

 

ここでようやく、トンイとヒビンの戦いに幕が下りました。

 

55話の感想

 

ヒビンも世子を救う方法だけは、まだ諦めていないようでしたね。

 

あれだけ敵対していたトンイに対し、世子のことで懇願していましたし…。

 

このヒビンの懇願する姿は、もっと早くヒビンが自分の行動を顧みて、全うに生きていれば見ることはなかったのかもしれません。

 

最終的に毒薬を飲んで死ぬことになったのですが、この時も宮廷での幸せなひと時を思い出すヒビン…何だかとても悲しいですね。

 

自分で蒔いた種でこのようなことになってしまって、ヒビンは可哀想だとしか言いようがありません。

 

トンイのようにヒビンも真っすぐな気持ちで生きていたら、また終わりは違ったのではないでしょうか。


 

56話のあらすじ

今度はインウォンが、宮廷からヨンインを追い出そうという計画を立ててしまいました。

 

一方トンイは、ヨンインの嫁候補の中からふさわしい人はいないと断り、自ら出向くことを伝えます。

 

その家はパクトンジュという都で有数の名家でした。

 

トンイが事情を説明する前に、トンジュは事情を聞いていましたが、家柄を気にして断りを入れます。

 

しかしトンイはこのような謙遜する力が気に入り、迎え入れたいと説得をします。

 

この謙遜する力こそ、ヨンインに必要だと考えていたのでした。

 

ヨンインが宮廷を出ずに済むことが決まり、ヨンイン本人はもちろんのこと、周囲の人は喜んでいました。

 

56話の感想

 

ヒビンが他界した後でも、まだヨンインは狙われるんですね…。

 

本当に宮廷は大変だなと思った瞬間でもあったのですが、そんな中ヨンインの婚姻も決まりました。

 

ヨンインもまだあんなに幼いのに、嫁をもらうことになるというのも凄いなぁと思いますが…。

 

トンイはヨンインの嫁候補にふさわしい人をしっかりと自分で決めていましたが、この決めた理由もトンイらしく素晴らしかったなと思いました。

 

謙遜する力…これは誰もが大切にしたい力なのではないでしょうか。

 

色々辛い状況が続いた宮廷でしたが、ようやく幸せな状況になりつつある気がしました。


 

まとめ

トンイ〜同伊〜の55話と56話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、トンイ〜同伊〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る