トンイ〜同伊〜【49話と50話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

トンイ

 

このページでは、トンイ〜同伊〜の49話と50話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

49話のあらすじ

イニョン王妃の治療を必死で行うものの、イニョン王妃は回復する気配がありませんでした。

 

スクチョンもイニョン王妃の元へ現れ、とても心配します。

 

一方ヒジュとヒビンは、イニョン王妃が倒れてしまったことが自分たちにとって好機だと考えていました。

 

ヨンインはイニョン王妃のためにショウブを探していた時、燃やされた呪いの人形と木の札をヨンダルと発見してしまいます。

 

これは呪いの儀式の痕跡でした。

 

誰かがイニョン王妃を呪い殺そうとした形跡だったため、トンイは驚きます。

 

このことを監察府で調査をすることになりました。

 

イニョン王妃は、一時意識を取り戻し、スクチョンにトンイ達のことをお願いしました。

 

49話の感想

 

イニョン王妃は治療を受けても、全然回復しない…この状況は、観ていてとても悲しいシーンでもありました。

 

スクチョンもイニョンのことをとても心配していたので、この気持ちが届けばいいなと思ったのですが…。

 

そして最悪なことに、この状況をヒジュとヒビンは好機だととらえて喜ぶ…なんていう人達でしょう。

 

おまけに呪いの儀式をしていたということも判明してしまいますし…。

 

そんな状況でどうにかイニョン王妃は意識を取り戻しましたが、もう自分は後がないと感じたのか、スクチョンにトンイ達のことを任せていましたね。

 

このイニョン王妃の最後は、とても印象に残りました。


 

50話のあらすじ

ついにイニョン王妃は他界してしまったため、宮廷は深い悲しみにくれました。

 

特にトンイは、イニョン王妃にとても良くしてくれたため、辛い気持ちで押しつぶされそうでした。

 

トンイとヒビンの対立がある中、ヨンインと世子は次第に仲の良い兄弟になっていきました。

 

この状況でトンイは、イニョン王妃を呪い殺そうとした呪いの儀式の痕跡をヒビンに突き付けます。

 

そしてこのことを告げないことを理由に、ヒビンに対し機会が欲しいと告げ、ヨンインのためにヒビンに歩み寄ろうとします。

 

そんな中トンイの位が上がることになり、ヒビンと同じ位になるという連絡が入ります。

 

50話の感想

 

イニョン王妃は、治療を施したものの、他界してしまいましたね…。

 

回復する展開もあるかなと思って観ていたので、他界してしまい、とてもショックでした…。

 

トンイがとても辛い気持ちになるのも、とても分かります。

 

この状況でトンイは、呪いの儀式の痕跡をヒビンに突き付けるという行動をとりました。

 

ヨンインを守るために、トンイも一生懸命行動をとって奮闘して、頑張っていましたよね。

 

本当に、ヒビンは怖い人間だなと今回改めて思い知らされましたよ…。

 

この後トンイは、また位があがり、ついにヒビンと同じ位になるという展開がありました。

 

トンイはどんどん位をあげていって、観ていて本当に気持ちがいいですね!


 

まとめ

トンイ〜同伊〜の49話と50話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、トンイ〜同伊〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る