トンイ〜同伊〜【45話と46話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

トンイ

 

このページでは、トンイ〜同伊〜の45話と46話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

45話のあらすじ

あれから6年が経過しました。

 

トンイが出産した子供は、クムという名前が付けられました。

 

クムは書党に通って勉強を学んでいました。

 

ある日、クムは周りの子供よりずば抜けて賢いことが判明しつつありました。

 

中庸と大学を教えていないにも関わらず、すらすらと内容を言うことができたため先生は驚きます。

 

先生はトンイに中庸と大学を教えていないことを教えてもらった際に、小学を教えていたものの、すぐにやめたことを知らされます。

 

トンイはクムに対し、中庸と大学の話を持ち出し、問いただしました。

 

全てを覚えていたクムに対し、トンイは戸惑いを抱きます。

 

45話の感想

 

時間の経過は早いものですね〜。

 

トンイはあの後妊娠が発覚し、クムという王子様を産み、淡々と日々を過ごしていました。

 

この状況でクムのずば抜けた賢さが判明するのですが…これは凄いですね。

 

決して悪いことではないのですが、トンイは悩んでしまいました。

 

クムの命が狙われてしまう可能性が高まることを考えたら、当たり前のことかもしれません。

 

それにしてもここまで賢い子供が産まれるなんて、ここでもやっぱりトンイの凄さを感じさせられてしまった気がします。

 

このクムが、今後どうなっていくのかも気になりますね。

 

トンイはしっかりとクムを守ることができるのでしょうか?


 

46話のあらすじ

クムはスクチョンと偶然会っていました。

 

しかしスクチョンは、自分がスクチョンであるということを隠し、クムと接していました。

 

トンイは、クムに書党へ通うのを辞めさせ、自ら雲鶴先生にクムの教育をお願いすることにしました。

 

事情を説明するトンイとウンテクでしたが、雲鶴先生に断られてしまいますが、トンイは諦めませんでした。

 

そんなある日、トンイが住んでいる家が火事になってしまいました。

 

無事トンイ達は、逃げることができましたが、スクチョンは心配しトンイの元へついに会いに行きます。

 

そしてトンイとスクチョンは、感動の再会を果たしました。

 

46話の感想

 

つにクムが自分の父親であるスクチョンと偶然会ってしまいましたね〜。

 

この時スクチョンは、また自分の身分を明らかにせず身分を偽ってクムと接していました。

 

…って、これ、トンイと最初出会って接していた時と同じパターンじゃないですか。

 

スクチョン、さすがですね〜。

 

そんな中、トンイの住んでいる家が火事…これはスクチョンも心配しますよね。

 

ある意味この火事は災難でしたが、この火事のおかげでトンイとスクチョンは、再会を果たすことができたというちょっといい展開が、今回は嬉しかったです。

 

このままトンイとスクチョンが、また幸せな日々を過ごす時が来るといいですね!


 

まとめ

トンイ〜同伊〜の45話と46話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、トンイ〜同伊〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る