トンイ〜同伊〜【41話と42話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

トンイ

 

このページでは、トンイ〜同伊〜の41話と42話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

41話のあらすじ

宮廷外の家にいたトンイは、ついにコムゲに命を狙われそうになってしまいました。

 

トンイがいる家に忍び込んだコムゲに対し、トンイは自分がヒョウオンの娘であることを説明します。

 

襲ったコムゲの人達は信じることができませんでしたが、ケドゥラはトンイの発言した内容は本当だと言います。

 

コムゲがトンイの元へ現れたことを聞いたチョンスは、慌ててトンイの元へ駆け寄ります。

 

そしてトンイに対し、ケドゥラの説明をするのでした。

 

ケドゥラが今のコムゲの首長であることを知ったトンイは、とても驚きました。

 

一方ケドゥラは、トンイが王の後宮になったことに対し、複雑な気持ちを抱いていました。

 

41話の感想

 

またまたトンイはピンチな状況になってしまいましたね。

 

そしてついにチョンスからケドゥラのことを聞かされるトンイは、衝撃を受けていましたが無理もありません。

 

おまけに今のコムゲの長になっているのですからね…。

 

一方ケドゥラは、トンイが後宮になっていることに複雑な気持ちを抱くという展開でしたが、この気持ちもなんとなくわかる気がします。

 

同じ立場だったトンイとケドゥラでしたが、これだけ人生に違いが出ているとは…。

 

なんとなく幼いころのトンイとケドゥラのシーンでは、2人が幸せになる展開もあるのかな?と思っていましたが、全く違いましたね。


 

42話のあらすじ

トンイは、大司憲殺人事件の秘密を突き止めるために奮闘していました。

 

一方で王子様のことが心配になったトンイは、ヨンギに自分に何かが起きた場合を考慮し、ヨンギにお願いをしました。

 

トンイは王子様をとても大切にしていました。

 

ケドゥラは、ケガをした状態でトンイにテソクのことで伝えたいことがあるとソリ達の元を訪ねます。

 

そしてケドゥラと会うことができたトンイは、怪我で苦しむケドゥラを抱え、ソリが用意した船でその場を断とうとします。

 

しかし漢城軍の官軍が向かってきてしまいました。

 

ソリやケドゥラからは、トンイは逃げろと言われますが逃げることができません。

 

するとそこへスクチョンが現れてしまいました。

 

42話の感想

 

トンイは何だかんだいって、ヨンギを信頼しているのですね。

 

本当に、トンイの正体を暴いてしまった人物ですが、ヨンギがトンイの傍にいてよかったなと心から思います。

 

この状況で、ようやくケドゥラとトンイは、再会を果たすことができましたが、ケドゥラの怪我が辛そうで辛かったです…。

 

ここでもまたソリが力を貸してくれて、船で抜け出そうとしますが、残念なことにそこにはスクチョンが登場してしまいました。

 

スクチョンが現れずに、このまますんなり抜け出すことができたらよかったんですけどね…。

 

ますますトンイがピンチな状況に追い詰められていってしまう展開になってしまい、ハラハラします。


 

まとめ

トンイ〜同伊〜の41話と42話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、トンイ〜同伊〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る