トンイ〜同伊〜【19話と20話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

トンイ

 

このページでは、トンイ〜同伊〜の19話と20話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

19話のあらすじ

ホ医官が嘘の証言をしたことが、インニョン王妃にも伝わりました。

 

インニョン王妃も、驚きを隠せませんでした。

 

このホ医官の発言のせいで宮廷に激震が走りました。

 

スクチョンと会ったトンイは、スクチョンをスクチョンではなく判官として話を聞くと約束をします。

 

そんなトンイに対し、スクチョンは信頼できる友達でいてほしいとお願いをするのでした。

 

2人が楽しく会話をしているところを、偶然通りかかったヒビンが発見してしまい、ヒビンは動揺してしまいます。

 

そしてスクチョンの気持ちが、トンイの方に向いてしまったのではないかという疑念を抱き泣いてしまいます。

 

19話の感想

 

このホ医官の嘘を、ついにインニョン王妃自身の耳にも入ってしまいましたね…。

 

インニョン王妃が驚きを隠せないのは、ある意味当然のことだと思います。

 

インニョン王妃は、妬んだりしないタイプで、しっかりとトンイのことも大切にしている人物なので、本当に可哀想だなと思いました。

 

これだけいい性格の人が、陥れられてしまうなんて…宮廷って、本当に怖い場所ですね。

 

そんな中、ヒビンはスクチョンとトンイが仲良く話しているところを見てしまい、さらに感情がヒートアップしてしまいましたね。

 

どの時代もこういう嫉妬のトラブルって、あるもんなんだなーと感じました。


 

20話のあらすじ

トンイは、男達に襲われ、どこかに連れ去られてしまいます。

 

ヨンギは、チョンスとトンイの仲を裏で調べていました。

 

連れ去られたトンイは、ギリギリのところでチョンスに助けられます。

 

一方疑いがかけられているイニョン王妃は、スクチョンに信じてもらえないかと質問します。

 

スクチョンには信じたい気持ちがあったものの、イニョン王妃の実家で証拠が見つかってしまったため、何もすることができませんでした。

 

この状況で、大妃様が他界し、また宮廷の中では変化が起こります。

 

この情報を聞いた聞いたテソクとユンは、思い通りになると喜びをかみしめるのでした。

 

20話の感想

 

またトンイの身に危険が…!

 

本当にトンイは危険なことばかりが起こるので、心配で仕方がありません。

 

チョンスがこの状況を救うことができて、本当によかったです。

 

何だかんだ、チョンスは強いですしとても頼りになりますね。

 

こんな頼りになる兄がいて、トンイは幸せ者だなぁと感じました。

 

一方イニョン王妃は、実家で事件の証拠が見つかるという最悪な展開が起こってしまい、もうどうしようもない状況になってしまいましたね。

 

おまけに大妃様も死んでしまうし…こんなに素晴らしい人格を持っているイニョン王妃に不幸ばかりが起こる展開でした。

 

そのため今回は何だか複雑な気持ちでいっぱいになりました。


 

まとめ

トンイ〜同伊〜の19話と20話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、トンイ〜同伊〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る