トンイ〜同伊〜【13話と14話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

トンイ

 

このページでは、トンイ〜同伊〜の13話と14話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

13話のあらすじ

やはり誰もが想像したように、トンイは詩才の試験の合格基準をクリアすることはできませんでした。

 

しかしトンイはあきらめませんでした。

 

再試験を願い出た時に、監察府の規律を見せ、前年度に学んだことから出題すると記載されているということを訴えます。

 

トンイの必死の訴えは逆に怒りを買ってしまいました。

 

そんなトンイのために力を貸したのが、イニョン王妃でした。

 

トンイはイニョン王妃のおかげで再試験を受けることができました。

 

おまけに勉強には、判官としてスクチョンがこっそりと付き添ってあげ、協力をしてあげました。

 

その結果、トンイは無事試験に合格することができました。

 

13話の感想

 

意外とトンイは試験基準をクリアする…という展開になるのかな?というのも少し思っていましたが、そういう展開ではありませんでしたね。

 

しかし結果的に合格基準をクリアすることができなかったトンイですが、監察府の規律のおかげで再試験を受けることができました。

 

このことをトンイがびしっと告げたシーンは、なかなかすがすがしさを感じることができてよかったです。

 

イニョン王妃もトンイに力を貸して優しいですし、勉強にはスクチョンが付き添ってあげるし…って、トンイは本当に最強すぎですよね。

 

国の王妃と王様がついているトンイが、試験を落ちるわけがありません。

 

無事合格することができて、今回はとてもいい展開でした。


 

14話のあらすじ

トンイとチョンスは、ようやく再会を果たすことができました。

 

チョンスとトンイが接触したことを知ったチャンヒジェは、疑問を抱き始めます。

 

トンイとチョンスは、今までの時間を埋めるかのように、語りつくしました。

 

一方スクチョンは、トンイの話を楽しそうにチャン尚宮にします。

 

そのためチャン尚宮の中で、何かが少しずつ変化し始めてきました。

 

トンイは捜査中に出てきた不思議な物についてチョンスに質問しました。

 

するとチョンスは、トンイが質問してきたものは暗号であることを教えます。

 

トンイは、チョンスのおかげで事件解決への道を開き始めます。

 

14話の感想

 

無事試験を合格することができただけでもトンイにとってはいいことなのに、もう1ついいことが起きましたね!

 

そうです、チョンスとトンイの再会です。

 

この再会は、本当にチョンスはもちろんですが、トンイにとっては嬉しすぎる展開でした。

 

2人で語りつくしているシーンは、本当に幸せがにじみ出ていてよかったです。

 

一方チャン尚宮は、スクチョンのことでトンイに対し、今までとは違う感情が出てきているようでしたね…。

 

もちろんチャン尚宮の気持ちもわからなくはないのですが…。

 

でもこのチャン尚宮の感情が、トンイを苦しめる悪い方向に入ってほしくないなと願うばかりです。


 

まとめ

トンイ〜同伊〜の13話と14話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、トンイ〜同伊〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る