トンイ〜同伊〜【11話と12話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

トンイ

 

このページでは、トンイ〜同伊〜の11話と12話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

11話のあらすじ

トンイはスクチョンに助けられた時、判官の所へたずねに行ったものの、会うことができなかったことを伝えました。

 

この話を聞いたスクチョンは焦りましたが、どうにかトンイをごまかすことに成功します。

 

スクチョンがトンイを助けたという報告を聞いたオユンは、驚きます。

 

そしてユンは、会いに行ったオテソクからこのことについて責められるのでした。

 

スクチョンはお忍びでの視察で、町に来ていました。

 

この時トンイと偶然再会したスクチョンは、ジュシクやヨンダルも交えて一緒に酒場でお酒を酌み交わします。

 

もちろんジュシクやヨンダルも、スクチョンが本当のスクチョンだとは思っていませんでした。

 

11話の感想

 

さて、危ないのはトンイだけではありませんでした。

 

身分を隠しているスクチョンも、トンイに身分がバレそうになる危機に直面してしまいます…。

 

それでもスクチョンがどうにかトンイに身分を隠すことができて、凄いなぁと思いました。

 

身分を隠すことができたスクチョンは、町で偶然トンイと会ってお酒を酌み交わしていましたね。

 

ジュシクやヨンダルもいたのですが、このお酒の席ではスクチョンという存在というよりも、普通に仲の良い友達とワイワイお酒を楽しむ人という感じでした。

 

日頃スクチョンとして人々から崇められている人でも、状況によっては一般の民となることもできるんですね!


 

12話のあらすじ

トンイは異例の出世で監察宮女となることができました。

 

トンイ本人はもちろんのこと、周囲の人達も驚きを隠せません。

 

しかし異例の出世で観察宮女となったトンイを、監察府で働いている人達は、奴婢の身分から観察宮女となったトンイをすんなり受け入れませんでした。

 

おまけにトンイに対し、嫌がらせを企み始め、追い出そうとします。

 

定期試験の規律を活かして、ユ尚宮はトンイを監察府から追い出そうと思いつきました。

 

トンイは、ほかの監察府の人たちと一緒に詩才を受けることになりますが、合格基準を満たさなければ監察宮女としての資格を失うことになってしまいます。

 

入ってきたばかりのトンイが、詩才の試験で合格基準をクリアするのは厳しいと周りの人は思っていました。

 

12話の感想

 

今回のトンイの異例の出世は、凄く驚きました。

 

監察宮女…確かに自分1人で捜査をして犯人を捜すという行動を取る、怖いもの知らずのトンイにはとても向いているかもしれません。

 

でもやっぱり気になるのが、そんなトンイの存在が面白くない監察府の人達です。

 

監察府といえば、優秀なエリート達が鳴ることができるところ…つまり奴婢の身分から異例の出世を果たしたトンイが気にいらないのです。

 

この定期試験の規律を活かしてトンイを追い出そうとした状況に対し、トンイが負けずに奮闘するところ…そこが凄くよかったです。

 

敵だらけの中、奮闘するトンイ…頑張ってほしいですよね!


 

まとめ

トンイ〜同伊〜の11話と12話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、トンイ〜同伊〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る