太陽を抱く月【7話と8話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

太陽を抱く月

 

このページでは、太陽を抱く月の7話と8話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

7話のあらすじ

時は過ぎていき、それぞれが年を重ねました。

 

ヨヌはウォルとして、仕えるソルとノギョンの元で日々を過ごしていました。

 

そんなウォルの近くを陽明君は通りますが、ウォルがヨヌだということに全く気付いていませんでした。

 

ウォルは、過去を忘れてしまったものの、フォンの記憶と悲しみを感じていました。

 

これを霊力がついたと思っていることを、ソルに伝えます。

 

そんなある日、霧の中迷っていたフォンの前にウォルが現れます。

 

ウォルの顔を見たフォンは、ウォルがヨヌとそっくりだったため、驚いていました。

 

しかし死んだはずだと思い、似ているだけだと自分に言い聞かせました。

 

7話の感想

 

何だかんだ、年月が経過するのはとても速いですよね。

 

ヨヌはウォルとしての日々を送っていたのですが、この時偶然陽明君が通り過ぎても気づかない…!

 

陽明君、かつて愛していたヨヌはここだよ!なんて教えてあげたいくらいでした。

 

でも、無理もありませんよね、だってヨヌは死んでしまったということになっているのですから。

 

過去を忘れてしまい、ウォルとして生きなければいけない状況になってしまったヨヌも、もちろん可哀想です。

 

しかしヨヌだけではなく、ヨヌが死んでしまったことに対し、悲しんでいた人達皆も、可哀想なのではないでしょうか。


 

8話のあらすじ

ミナ王女は相変わらずヨムに惚れていました。

 

そんなミナ王女に対しヨムは、いつも優しく接していました。

 

一方ノギョンの元では、ウォルがいなくなってしまったことで大騒ぎでした。

 

ソルが外出をして戻ってきたため、ノギョンは外出を禁止したことを口にし、ソルを叱りつけます。

 

この時、一通の手紙が届きます。

 

この手紙の内容は、ノギョンの代わりにウォルを連れて行ったことを書き記している内容でした。

 

取り戻したければ都城に来いと書かれていたため、ノギョン達は、都城へ向かいます。

 

連れ去られたウォルは、意識を失っていましたが、意識を取り戻し、慌てて逃げます。

 

8話の感想

 

大人になっても、ヨムへの一途な愛が変わらないミナ王女、凄くいいですね。

 

このままミナ王女とヨムが、幸せになってくれればいいのになと思いました。

 

だってミナ王女に対し、ヨムも優しい態度を取っているじゃないですか…。

 

せめてここくらい、幸せになってほしいものです。

 

一方ウォルは、身の危険を感じる出来事が起こってしまいますが、ギリギリのところで逃げることができました。

 

本当にこのシーンは、ハラハラしましたね…。

 

このままウォルがまた変な人たちに捕まらないといいのですが…。

 

ちゃんと周りの人達も、ウォルをもっと守ってあげて欲しいです!

 


 

まとめ

太陽を抱く月の7話と8話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、太陽を抱く月の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る