太陽を抱く月【5話と6話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

太陽を抱く月

 

このページでは、太陽を抱く月の5話と6話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

5話のあらすじ

ヨヌは隠月閣で世子嬪としての教育を受けますが、なかなかうまくいきません。

 

フォンは、隠月閣の外からヨヌを見守ります。

 

なかなか会うことができない中、フォンはヨヌへ差し入れを送ります。

 

この差し入れには、フォンの手紙もついていたため、手紙を読んだヨヌは喜びました。

 

一方ノギョンは、ユン氏に頼まれ内密でヨヌを狙います。

 

ヨヌは体調を崩してしまい、寝込んでしまいました。

 

苦しんでいるヨヌに対し、必死でヨヌの母親は助けるようにお願いをしますが、どうすることもできません。

 

そんな時、ヨンジェの前にノギョンが現れます。

 

ヨヌを見て巫病であることを告げました。

 

5話の感想

 

ヨヌにも苦手なことってあったんですね。

 

何となくヨヌは何でもそつなくこなすタイプだと思っていたので、ここは意外でした。

 

そんなヨヌも、凄く可愛いかったです。

 

一方フォンはヨヌに差し入れをしていましたが、この時は行っていた手紙を読んでヨヌは喜んでいましたね。

 

実はフォンもヨヌも、お互いのことが好きなんですね…!

 

この調子で2人が本当に幸せになってくれればいいなと思っていたのですが、この後ヨヌは巫病になってしまいました。

 

寝込んでしまったヨヌが、本当にすごく可哀想でした。

 

早くヨヌが回復するといいですね…これを祈るばかりです。


 

6話のあらすじ

ヨヌは死んでしまいました。

 

そのためヨヌを棺桶に入れ、皆で埋めました。

 

ヨヌが死んでしまったため、ボギョンが世子嬪になることが決まりました。

 

デヒョンが殺したのではないかという疑いを持ちつつも、ホギョンはデヒョンの指示に従います。

 

一方ヨヌは、死んでいませんでした。

 

棺桶の中で助けを求めているヨヌを、ノギョンは救います。

 

フォンは、ヨヌが死ぬ前に行った何があろうとも自責はおやめくださいという言葉を思い出し、涙を流していました。

 

この時陽明君が現れ、ヨヌのことを責めました。

 

そして全てを得たフォンに対し、1つくらい自分に譲ることができなかったのかと思いを打ち明け、ヨヌへの気持ちを言い放ちました。

 

フォンは、何も言うことができませんでした。

 

6話の感想

 

えっ、ヨヌ…回復すると思っていたのに死んでしまうなんて。

 

この展開は、とても衝撃的でした。

 

特にヨヌの母親がヨヌを棺桶に入れて皆で埋めるときに、号泣していたシーンは凄く悲しかったです。

 

でも、実はヨヌは死んでいなかったんですよね。

 

ノギョンがヨヌを救い、何とか埋められていた状況から抜け出すことができて、安心しました。

 

しかしフォンや陽明君は、ヨヌはすでに死んでしまったと思っている状態です。

 

この時、ついに陽明君はフォンに対し、日頃思っていることを打ち明けてヨヌの気持ちを教えたのですが、これは辛いですよね。

 

フォンも陽明君の言葉を聞いて、少なからずショックをうけたのではないでしょうか。


 

まとめ

太陽を抱く月の5話と6話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、太陽を抱く月の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る