太陽を抱く月【17話と18話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

太陽を抱く月

 

このページでは、太陽を抱く月の17話と18話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

17話のあらすじ

フォンはようやく謎を解くことができました。

 

ウォルの前にフォンは現れ、ヨヌに会いに来たということを告げ、ようやく気付いたことを伝えました。

 

ウォルはフォンの言葉を聞いて号泣してしまいます。

 

フォンはそんなウォルを抱きしめました。

 

この様子を見ていた陽明君は、複雑な気持ちのままその場を立ち去ります。

 

そんな中、陽明君はもちろんのこと、ウォルやフォンは刺客に狙われてしまいます。

 

この時陽明君は、斬られてしまいましたが、ウォルを連れてその場を逃げます。

 

この刺客は、デヒャンの仕業でした。

 

斬られた陽明君は、パク氏の前で倒れてしまいます。

 

17話の感想

 

フォンもついに謎を解くことができたんですね…!

 

このおかげでようやくフォンとウォルは、感動の再会を果たすことができました。

 

この感動の再会は凄くよかったのですが…でもやっぱり心配なのが陽明君ですよね。

 

まさかこの場に陽明君がいるとは、思ってもみなかったので、凄く可哀想でした…。

 

おまけにこの複雑な状況で刺客が突然現れ、襲われるという展開になってしまいますしね。

 

この時陽明君が斬られてしまい、後からパク氏の前で倒れてしまうのですが、大丈夫なのでしょうか…!?

 

このまま死んでしまうという展開にだけは、なってほしくないですね。


 

18話のあらすじ

ウォルことヨルは、フォンの横に布団を敷いて2人で寝ていました。

 

この後フォンは、星宿庁を調べさせた結果を聞いているとき、呪術に必要なお供えは、人の場合もあるということを聞きます。

 

ユン氏が話していた言葉やヨンの話していた言葉も思い出しながら、フォンは考えます。

 

一方ミナ王女は、ヨヌにかけた呪術の件に関与していたことフォンに問い詰められます。

 

関与を認めたミナ王女は、このことをヨムにだけは言わないでほしいとフォンに懇願します。

 

フォンは、そんなミナ王女を責め立てます。

 

この時ミナ王女は、当時この件について成祖にも叱られていました。

 

当時問い詰められた時とフォンが同じ言葉を投げかけたことを口にします。

 

18話の感想

 

陽明君は凄く可哀想ですが、ウォルことヨヌとフォンは、昔のような関係になっていますね。

 

この状況で、フォンがヨヌへの呪術の件にミナ王女が関与いていたことを突き止めてしまいました…。

 

まさかミナ王女が関与しているとは…思ってもみない展開だったので、これは凄く驚きました。

 

しかしミナ王女は積極的に、ヨヌへ恨みがあってやったというわけではなく、騙されてやってしまったようですね。

 

ヨムに対する想いが強いからこそ、やってしまったとのことでした。

 

成祖に当時のミナ王女が叱られて号泣しているシーンは、ミナ王女が凄く可哀想に観えました。


 

まとめ

太陽を抱く月の17話と18話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、太陽を抱く月の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る