太陽を抱く月【13話と14話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

太陽を抱く月

 

このページでは、太陽を抱く月の13話と14話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

13話のあらすじ

ついにフォンは、ボギョンと床入りの日を迎えることになりました。

 

しかしこの日、フォンはいきなり苦しんで倒れ込んでしまいます。

 

ボギョンはフォンを心配し、周囲にいる人を呼び御医を呼んでもらいます。

 

ウォルは、陽明君に対し、感謝の気持ちを伝えた後、自分の気持ちを偽ることはできないと告げます。

 

この時陽明君は慕っている人がいるのかと質問しますが、巫女は恋心を抱かず、神の器で他に何も受け入れてはいけないことを伝えます。

 

そんな中、フォンが倒れたという情報を聞き、ウォルは慌ててフォンの元へ向かうことになりました。

 

1人残された陽明君は、ウォルの言葉を考えます。

 

13話の感想

 

フォンがいきなり苦しんで倒れ込むという展開は、驚きました。

 

本当に、苦しんで倒れ込む前までは、全く元気だったので、なおさらです。

 

一方陽明君は、ウォルから振られてしまいましたね…。

 

でもウォルの陽明君の振り方は、好きな人がいるというような理由ではなく、巫女としての立ち位置をベースにした振り方でした。

 

そのためそこまで陽明君を傷つけるような内容ではなかった印象を受けたので、安心していたのですが…。

 

この後のウォルが慌ててフォンの元へ行った行動が、ちょっと心配でした。

 

この行動を見た方が、絶対に陽明君は、複雑な想いになってしまいますからね。


 

14話のあらすじ

ウォルは淫という文字の入ったチョゴリを着せられてしまいます。

 

そして義禁符の元で罪人として、監視されることになってしまいました。

 

この時二度と妖術を使えないようにもされてしまったのです。

 

ウォルに会いに来たノギョンは、自分にはかつて親友がいたことを話します。

 

その親友と最後に合った場所がこの場所だと告げ、ウォルのことを何があっても守ってほしいと頼まれたことを説明しました。

 

そんなノギョンに対し、ウォルは感謝の気持ちを伝えます。

 

一方ウォルのことを噂している同僚に対し、ソルはイラつき剣を突き出します。

 

ウォルはノギョンから新たな試練がやってくるということを伝え、ウォルのことをお嬢様と呼びました。

 

14話の感想

 

ウォルが罪人になってしまうとは、なかなか衝撃的な展開ですよね。

 

そんなウォルにノギョンは会いに来たのですが、この時ノギョンの抱えていた過去を知ることができました。

 

ノギョン自身にもいろいろなことがあったんですね…。

 

この時ウォルはノギョンへ、感謝の気持ちを伝えていましたが、本当にここで改めてウォルは心がきれいなんだなぁと思いました。

 

一方ウォルに仕えているソルは、ウォル一筋でしっかりと仕えていて、凄くたくましいですね。

 

この調子でどんどんソルは、ウォルのことをこれからも守り抜いて行ってほしいです!凄く応援したい存在です。


 

まとめ

太陽を抱く月の13話と14話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、太陽を抱く月の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る