麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜【9話と10話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

麗

 

このページでは、麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜の9話と10話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

9話のあらすじ

スが、光宗であることに気づき、恐怖を抱き始めてしまいます。

 

一方ソは、雨乞いの一件で自分が認められた喜びをかみしめ、スに心を開き始めます。

 

スは上級宮人に昇格し、スの世話をすることになります。

 

太祖の命令でウンはスンドクとの婚姻が決定してしまい、結婚を拒もうとしますが、拒めませんでした。

 

結局ウンは、スンドクと婚礼を上げます。

 

この時スは、またソの怖い未来が視えてしまい、恐怖でその場を抜け出してしまいました。

 

そんなスの姿を見たウクは、追いかけてスをなだめていた時、ソに気をつけろと警告を受けます。

 

夜、婚礼が嫌だったウンはスンドクを拒むものの、スンドクはウンのことが好きだったので幸せそうにしていました。

 

9話の感想

 

スは、少しずつこの時代の未来が視えはじめているようですね…。

 

しかも祖に対する恐ろしい部分のみです。

 

なぜなのかは分かりませんが、このお陰でソに対し恐怖を抱きはじめてしまって、ちょっと心配です。

 

この状況で、いきなりウンとスンドクの婚姻が決まったのは、ちょっと意外でした。

 

元々スンドクはウンのことが好きなようなので、幸せそうでしたが、ウンはやっぱり婚姻に反対していた分、複雑な気持ちのようですね…。

 

ちょっと拒みすぎで、スンドクが可哀想な感じもしますが…。

 

それでもスンドクは幸せそうなので、スンドクにはこれから先、頑張ってほしいところですね!


 

10話のあらすじ

スは、ソのことが怖くなってしまい、拒絶しようとします。

 

ソは俺の女だと言い、キスをしたため、スは涙を流し震えます。

 

そしてスはソと一緒に馬に乗って、皇宮の外へ出て行ってしまいました。

 

ソはスに海を見せ、今までの自分の人生で思ってきたことを語り始めました。

 

ソの話を聞いたスは、恐怖心を持たずに、ソのこれからの行動を止めようと心の中で決意します。

 

一方ウクは、ソとスの関係で焦りを感じ、スに結婚を申し込みました。

 

このことがきっかけで、ヨナはムの毒殺を計画しますが、これを知ったソは自らムの代わりに毒の入ったお茶を飲みました。

 

10話の感想

 

ソは、本当にスのことが好きなんですね…!

 

今までのその人生のことを考えると、やっと信じることができる女性ができたわけだから、スと幸せになってほしいなと感じました。

 

しかし残念なことに、ウクがスに結婚を申し込んでしまいました…!

 

スもウクに惹かれていたので、別に悪いことではないのですが…やっぱりソのことを考えると辛いですね。

 

この状況で、結婚のことをしったヨナがムを恐ろしいことに毒殺しようとしますが、ソが自分で毒入りのお茶を飲んで無理に平然を装うという…。

 

このシーンは、とても心に突き刺さるシーンでした。

 

特に、ソが独のお茶を飲んだ後、辛さを耐えながら平然を装って退席するあの表情は、忘れられません。


 

まとめ

麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜の9話と10話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、麗の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る