麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜【7話と8話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

麗

 

このページでは、麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜の7話と8話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

7話のあらすじ

女官になったスは、ソから皇宮では誰もが1人であるということを教えてもらいますが、自分は1人ではないから大丈夫だと話しました。

 

ある日、大将軍のスギョンが娘のスンドクと戻ってきます。

 

一方スは、ムがアトピーの症状で悩んでいることを知ります。

 

何とかしてあげようとしますが、行き過ぎた態度によりオ尚宮から罰を与えられてしまいます。

 

ソは罰を受けたスを慰めてあげるのでした。

 

ウンの誕生日会が開かれ、ウンは皆からお祝いをされます。

 

皇子達にプレゼントをもらい喜んでいたウンの元へ、スンドクが現れ熊の毛皮をプレゼントしますが、ウンは嫌がり拒絶します。

 

落ち込んだスンドクはいなくなってしまいました。

 

この後ヨンはヨの策略にはまり、ソに対し、プレゼントとして顔の傷を見せてほしいといいました。

 

ソは言われた通り仮面を外し、顔の傷を見せました。

 

7話の感想

 

スの知識のお陰で、ムのアトピーの症状がこれから先改善されそうで、ちょっと安心しました。

 

罰を受けてしまったスでしたが、結果的にはいいことをしましたよね。

 

そんなスとを慰めていたソ…最初に比べると2人の仲が良くなってきて、いい感じでした。

 

そんな中、ウンの誕生日会で事件が起こってしまいましたね…。

 

ヨの策略でヨンは、言ってはいけないことを言ってしまい、微妙な雰囲気になってしまいました。

 

この微妙な空気のお陰で、後からソとスがせっかく仲良くなってきたなーと思っていたのに、また逆戻り…。

 

せっかく仲良くなってきたのに、ちょっと残念です。

 

このまま2人はやっぱり仲が良くない関係になってしまうのでしょうか…?


 

8話のあらすじ

スは、ソから同情心のあるその目が嫌いだと言われてしまいます。

 

スとソの関係が悪化していく中、ウクはスに対し優しく接し、2人は距離を縮めていきました。

 

相変わらずムのアトピーのお世話をしていたスは、ムから感謝されていました。

 

祈雨祭が開かれることになり、皇子の中から1人祭主が選ばれることになるのですが、ソが選ばれます。

 

ソは祭主となり民の元に現れるものの、顔の傷が原因で民からひどい仕打ちをされます。

 

嫌になったソは、祭主を辞めようとするものの、スはソを元気づけ、メイクで顔の傷を隠すことを提案します。

 

スのお陰でメイクで顔の傷を隠すことができたソは、民の前でも堂々と祭主としてふるまうことができました。

 

そして何と雨乞いを成功させることもできたのです。

 

8話の感想

 

スとソの関係がせっかく良くなったと思ったら…まさかの悪化には驚きました。

 

一方でスとウクは確実に距離を縮めていていい感じでしたね。

 

このままスとウクが幸せになるのかな?と思っていた時に祈雨祭を行うことになりました。

 

この時ソが民から暴言を吐かれ、石を投げられていたところは本当に観ていて辛かったです…。

 

そんなソに対し、スがメイクで顔の傷を隠し、ソが堂々と祈雨祭に臨むことができるようにしたのは、とても良かったです。

 

自身満々に祭主として登場したソに対し、民の態度がガラっと変わったところは面白かったです!

 

おまけに、雨乞いを成功させたときのあのシーンは、本当に鳥肌が立つほどめちゃくちゃよかったです。

 

この調子で、どんどんソには顔の傷のコンプレックスを乗り越えていってほしいですね!


 

まとめ

麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜の7話と8話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、麗の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る