麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜【19話と20話(最終回)】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

麗

 

このページでは、麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜の19話と20話(最終回)のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

19話のあらすじ

チェリョンが死んでしまったことが原因で、仲の良かったスとソの関係がぎくしゃくし始めてしまいました。

 

一方ウヒは、ペガと婚姻をする予定だったが、身分の違いについて悩んでしまっていました。

 

光宗となったソを追い詰めることを考えていたウクは、ペガをどうにかしようとするが、うまくいきませんでした。

 

おまけにウクは、謀反の罪に問われてしまうというピンチを迎えてしまいます。

 

この時スが光宗にウクを助けるようにお願いしました。

 

ウクはスに自分の気持ちがわかるはずだと告げ、最後に抱きしめました。

 

そして現世ではこれまでだとつぶやき、笑顔で2人は見つめ、ウクはその場を後にしました。

 

どんどん皇帝という地位のために光宗は以前と違い、冷酷になっていってしまいました。

 

そんな光宗の傍にいたスでしたが、ついにジョンと婚姻をして皇宮から出ることを決めてしまいます。

 

19話の感想

 

チェリョンの死は、スにとっても衝撃的な出来事でしたね。

 

お陰であれだけ仲の良かったスとソの関係がギクシャクしてしまいました…。

 

今回凄くよかったのは、ウクとスの最後の別れです。

 

色々あった2人でしたが、スッキリと明るい別れをすることができてよかったのではないでしょうか。

 

この別れ方もまた切ないですが…。

 

ここであと別れとしてわだかまりが残っているのは、スと光宗ですね。

 

最後に光宗が泣いているシーンが、とても印象に残りました。

 

こんな結果になる前に、この2人にも何かのきっかけで修復することができる出来事が起こって、修復してほしかったです。

 

いよいよ次回は最終回です。


 

20話(最終回)のあらすじ

スは、ジョンのサポートで皇宮を出て、ジョンの家で一緒に生活をすることになりました。

 

スのことを愛していたジョンでしたが、この気持ちは表に出さず、スが幸せに暮らせるようにスを大切にしていました。

 

穏やかな日々を過ごすことができていたスでしたが、やはり光宗のことは忘れることができませんでした。

 

そのため、光宗宛に何度も手紙を書きましたが、スとジョンの関係にショックを受けたソは手紙に目を通しませんでした。

 

そんなスの日々も長くは続かず、ついにスは病気でで体調が悪くなってしまいます。

 

現代に変わり、ハジンはいつも顔に傷がある男の夢を見て涙を流していました。

 

仕事中、高麗の風俗画展を見た時に、ハジンは高麗時代でのひと時を全部思い出し号泣してしまいました。

 

20話(最終回)の感想

 

ついにスも、光宗の元を離れて行ってしまいましたね。

 

本当にジョンは素敵な人だなぁと思いました。

 

スへの自分の気持ちを隠したまま、スの生活をサポートするなんて、本当に優しいですよね。

 

最後は、病気でスも亡くなってしまい、スと光宗の中にいつの間にか出来てしまった誤解は、スが生きているうちにはとけることはありませんでした。

 

スが死んだあとにようやく手紙を見て、誤解がとけるなんて、切ないですよね…。

 

結局光宗は、最後にある意味本当に一人になってしまいました。

 

この光宗ことソのラストも、悲しかったです…。

 

現代で高麗時代のことを風俗画展を見た時に思い出し、謝りながら号泣していたシーンがあったのですが、ここは本当に泣けました。


 

まとめ

麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜の19話と20話(最終回)のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、麗の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る