麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜【15話と16話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

麗

 

このページでは、麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜の15話と16話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

15話のあらすじ

ムこと恵宗が死んでしまったため、ヨが定宗として即位しました。

 

そんな定宗は、自分の罪を隠すために、ワンギュの乱でウン一族を逆賊にしてしまいました。

 

スンドクはウンと一緒に茶美園に逃げますが、ウンを追いかけろとソにウクが定宗に告げてしまいます。

 

一方スは、そんなスンドクとウンの味方になり、一生懸命茶美園でかくまってあげていました。

 

ソはスンドクとウンを助けるために探していましたが、見つけることができていない状態でした。

 

スはソにもスンドクとウンの居場所を隠していたので、伝えるべきか考えていました。

 

一方スンドクとウンは、ようやく2人で幸せなひと時を過ごし、仲の良い素敵な時間を過ごしました。

 

15話の感想

 

ついにヨが念願の定宗しての即位を叶えましたね。

 

この即位で満足したかと思えば、今度は自分の罪を隠すためにまさかワンギュの乱を企てるとは…。

 

お陰で、スンドクとウンは茶美園に逃げて隠れる日々を過ごすことになってしまいました。

 

この時思ったのは、本当にスがいてよかった!ということです。

 

スがしっかりと2人の味方でいてくれて、本当によかったです。

 

そんな辛い状況でしたが、スンドクはウンとようやく本当の夫婦として幸せなひと時を過ごすことができました。

 

この状況でスンドクのウンに対する願いが叶うというのも、また切ない話ですが…。

 

それでも、本当にこの2人が幸せそうにしていたシーンは、観ているこちらも幸せな気持ちになりました。


 

16話のあらすじ

スンドクとウンの幸せなひと時もつかの間、兵士たちは茶美園に集まっていました。

 

スンドクは、必死でウンを守るために戦いますが、結局スンドクは死んでしまいます。

 

そんな状況にショックを受けているウンも、定宗が放った矢が命中してしまいます。

 

ウンのもとへ現れたソに対し、ウンはソが自分へのとどめを打ってほしいと願います。

 

この願いを聞いたソは、泣きながらウンを切りつけました。

 

この後、ソはついに皇帝になることを決意し、スに対しもう好きではないと告げてしまいます。

 

年月が過ぎ、ソとスは再会を果たします。

 

スは年月が経過しても、ソの気持ちが変わらないことを知り、会いに行きました。

 

ソは、スに対し皇帝になりたいという気持ちを打ち明けました。

 

16話の感想

 

スンドクとウンの最後は、本当に観ていて辛かったです…。

 

スンドクはウンを守るために一生懸命戦ったものの、兵士の数にはやはり勝てませんでした。

 

そしてそんなスンドクを思うウンの気持ちも痛いほど伝わりました…。

 

同じ兄弟同士…皇子同士で殺し合うなんて、とても悲しいですよね。

 

もうだめだと思ったウンは、最後に味方だったソに対し自分の命を終わらせてほしいとお願いをしましたが、ソも辛かったと思います。

 

でもしっかりと最後にウンの想いをくみ取って、辛いながらもウンの望みを叶えたソは立派だったと思います!

 

そしてようやくソは皇帝になることを目指し始め、新たな変化がでてきたので、この変化がどうなるのかも期待です。


 

まとめ

麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜の15話と16話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、麗の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る