雲が描いた月明かり【3話と4話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

雲が描いた月明かり

 

このページでは、雲が描いた月明かりの3話と4話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

3話のあらすじ

ラオンは、まだヨンが世子であることに気づいていませんでした。

 

そんな中、ヨンの護衛のキムビョンヨンとヨンと一緒に酒を酌み交わします。

 

ある日、ラオンは鶏を追いかけている時、ユンソンと再会を果たしました。

 

ミョンウン王女は、もらっていた恋の手紙は、ラオンが代筆していたことに気づいてしまい、怒りを覚えます。

 

ラオンはミョンウン王女の前に強引に連れられ、白状させられました。

 

ミョンウン王女の怒りは収まらず、ラオンを刀で切り落とそうとした時、ヨンが現れ止めに入ります。

 

ついに内官の合格発表の日、ラオンは最後の試験を白紙で出したため、不合格になったと思っていた。

 

しかしヨンの判断で合格してしまいました。

 

3話の感想

 

ヨンが世子だということに気づいていないラオン…気づいたときに一体どういう反応をするのか楽しみです!

 

それにしてもユンソンとは、ある意味いいタイミングで再会を果たしますね〜。

 

この2人、もしかしてこれから先もっと距離が縮むのでしょうか?

 

それにしてもラオン、ミョンウン王女の怒りをかってしまいめちゃくちゃ大変でしたね〜!

 

怒りをかって殺されるなんて…本当にこの時代は恐ろしいです。

 

そんな時にラオンのことをヨンが助けるなんて、なかなかヨン、かっこいいじゃないですか!

 

そして結局ラオンは、ヨンのおかげで、内官合格…果たしてどうなるのでしょう。


 

4話のあらすじ

サムノムとしてラオンは内官として働くことになりました。

 

ラオンはヨンが世子だということは知らず、内官になったのは世子のせいだと愚痴ります。

 

そんな落ち込んでいたラオンに対し、世子は眺めのいい場所へ連れて行き、さり気なく元気づけるのでした。

 

一方ヨンは、王様から代理執政を命じることを伝えられましが、嫌だと断りその場を後にします。

 

内官として働くものの、うまくいかないラオンは疲れ果てていました。

 

そんなラオンの前に現れたユンソンは、ラオンに優しい態度で接します。

 

ある日ラオンは、王様からの手紙を淑儀様に届けますが、白紙だったため淑儀様はショックを受けます。

 

この白紙の手紙に対し疑問を抱いていたラオンでしたが、ヨンの護衛であるキムビョンヨンがあぶり出しの手紙であることに気づきます。

 

4話の感想

 

ついにラオン、内官としての生活がスタートしましたね!

 

確かに内官になったのは世子の力添えもあったからなのですが…愚痴り相手のヨンが世子だとは全く気づいていないのが面白いですね。

 

本当、ユンソンは何なのでしょう!こんな抜群なタイミングで優しい態度で接してくれたら…もうやばいですよね。

 

ユンソンが本当にかっこいいです!

 

さて、そんなラオンは白紙の手紙問題であれこれと色々考えるわけですが、ビョンヨンのおかげで無事納得のいく方向に進むことができました。

 

本当によかったですね〜。

 

この調子で内官として、どんどんラオンには頑張ってもらいたいところです。


 

まとめ

雲が描いた月明かりの3話と4話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、雲が描いた月明かりの動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る