雲が描いた月明かり【25話と26話(最終回)】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

雲が描いた月明かり

 

このページでは、雲が描いた月明かりの25話と26話(最終回)のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

25話のあらすじ

ビョンヨンは、一命をとりとめました。

 

そんなビョンヨンに対し、ヨンは万事が整ったら呼び寄せる予定だということを伝えました。

 

そしてまたラオンと3人でお酒を飲もうと約束したため、ビョンヨンは笑います。

 

この話を陰でラオンは聞いていました。

 

ある日、ヨンは、誰かが入れた毒を飲んでしまい、倒れてしまいます。

 

この話を聞きつけたラオンは、ヨンの元へ医女のふりをして駆け付けました。

 

そして目が覚めたヨンを、医女としてラオンは看病しました。

 

回復したヨンは、キム氏に企てた王子の計画を問い詰めますが、キム氏はシラを切ってその場を切り抜けようとします。

 

25話の感想

 

ビョンヨン、生きていてよかったです!

 

このまま死んでしまったら本当に悲しかったので、凄く嬉しかったです。

 

おまけにこの話をラオンが陰で聞いていたのは、ほっこりしましたね。

 

そんなほっこりシーンの後に、まさかヨンが毒で倒れてしまうとは…。

 

どこで命が狙われているかわからないので、本当に怖い環境ですね…!

 

そんなヨンのもとに、ラオンが医女として看病し、回復したのは凄くよかったです。

 

おまけに回復したヨンもしっかりとキム氏の計画を把握していたため、きちんと問い詰めて決めるところは決めてくれて、いい展開でした。

 

いよいよ次は最終回です!


 

26話(最終回)のあらすじ

医女のフリをして宮中にいたラオンの前に王女様がいたため、こっそり王女様にラオンであることを教えました。

 

ついに王女様は、今まで隠されていた領議政の罪の証拠がある場所を、ラオンに教えました。

 

証拠である見つけた手紙とハンカチはヨンの手に渡り、ヨンから王様に渡されました。

 

一方ユンソンは、領議政の味方にふいたフリをして、ラオンを守ります。

 

自分が切りつけられても気にせずに、ラオンを守り続け、最後は死んでしまいました…。

 

領議政は、罪がわかり役職を剥奪され、キム氏も王妃の座から廃されました。

 

ラオンは、王室の名誉回復に貢献したため、すべての罪が赦免となりました。

 

26話(最終回)の感想

 

王女様の握っていた秘密はこれだったんですね…!

 

これは王女様とラオンの絆が解決したといってもいいのではないでしょうか。

 

この一件のおかげで、一気に色々解決しましたし、ラオンの罪も赦免という嬉しい展開でした。

 

しかし凄く残念なこともありましたよね…。

 

本当に一番悲しかったのは、ユンソンが死んでしまったことです。

 

ラオンを守るために自らが犠牲になってユンソンが死んでしまうとは、予想外でした。

 

ユンソンもビョンヨンみたい回復してくれればよかったんですけどね…。

 

それでも最後は、ハッピーエンドでとても良かったなと思いました!


 

まとめ

雲が描いた月明かりの25話と26話(最終回)のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、雲が描いた月明かりの動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る