雲が描いた月明かり【23話と24話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

雲が描いた月明かり

 

このページでは、雲が描いた月明かりの23話と24話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

23話のあらすじ

ハヨンは尋ね人の貼り紙に描かれていた顔が、ラオンであることに驚き、この時ギョンネの娘だったことを教えられ驚きます。

 

気になったハヨンは、ヨンがいつも身に着けていた永遠の腕輪がないことに気づき、質問しまが、少し外しているだけだと言われてしまいます。

 

王様は、ホンギョネのことで気が狂いそうな状態が続いていました。

 

サンイク内官は、ホンギョンネのことをビョンヨンと話していた時、チャンギべクの話題をだし、自分が殺したことを伝えました。

 

一方ホンギョネは王様の尋問で拷問を受けていました。

 

この状況を見ていたラオンは、複雑な気持ちでいっぱいでした。

 

ヨンは、ラオンを愛してかくまっていたことを問いただされ、何も答えることができませんでした。

 

23話の感想

 

ハヨンは、ラオンの正体を知ってしまって驚いていましたよね。

 

確かに驚きますが、でもハヨンはそこまで深くラオンのことはまだ知らないみたいでした。

 

そしてあのラオンの父親、ギョンネが拷問を受けるというシーン!

 

自分の父親が拷問を受けているところを見ていたラオンの複雑さがとても印象に残りました。

 

この状況でヨンも問いただされていましたし…。

 

ギョンネはもちろんですが、ヨンが問いただされているところを見ていたラオンは、とにかく辛かったと思います。

 

少しずつ明るみになっていくラオンの謎ですが、明るみになればなるほど観ていて切ないシーンが増えつつある気がします。

 

本当に、これからラオン達が幸せになる道はあるのでしょうか?


 

24話のあらすじ

ビョンヨンに刀を向けられたヨンは、刀を下すなと命令するものの、ビョンヨンは刀をおろしてしまいました。

 

そのためビョンヨンは矢で撃たれ、刀で切られてしまいます。

 

死にそうになっているビョンヨンを抱きかかえ、ヨンは悲しみました。

 

サンイク内官は、時間を稼ぐためにラオンやギョンネを外に出し、門を閉めてしまいます。

 

そしてサンイク内官は身代わりになり、刀でどんどん切られてしまうのでした。

 

この隙に、ラオンやギョンネは白雲会とその場を後にします。

 

一方ユンソンは、キム氏の出産の件を知っていたため、このことで淡々と責め、自白を進めます。

 

24話の感想

 

ビョンヨンとヨンのこのシーン、上下関係だけではなく本当に信頼関係も垣間見ることができるシーンでもありました。

 

ビョンヨンは死んでしまったのでしょうか…?

 

矢で撃たれた後、あれだけ刀で切られてしまったら…なかなか厳しいものがありますよね。

 

この時のヨンの悲しみは、ビョンヨンが死んでしまったらもう癒えることはないんじゃないのかな?と想ってしまうほどでした。

 

またサンイク内官が身代わりになって門を閉じたシーンも、本当に観ていて複雑な気持ちになってしまいました。

 

このようなハラハラな状況の中、ユンソンが裏でひっそりと動いていたのは、さすがだな!という感じですね。


 

まとめ

雲が描いた月明かりの23話と24話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、雲が描いた月明かりの動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る