雲が描いた月明かり【21話と22話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

雲が描いた月明かり

 

このページでは、雲が描いた月明かりの21話と22話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

21話のあらすじ

ついにラオンは、ヨンと再会を果たすことができました。

 

しかし幸せな再会ではなく、領議政による罠だったため、ヨンは怒りの気持ちでいっぱいになります。

 

ラオンは再び実家で過ごしていましたが、母親の前で刺客に襲われてしまいます。

 

母親もその場で倒れてしまい、ラオンが連れ去られそうになった時、ビョンヨンが現れ刺客を追い払いました。

 

夜、ラオンに対し母親は、どこか都を離れて遠く離れたところに行こうと提案をします。

 

ラオンは、複雑な気持ちを抱えつつも、母親の手を握り母親の提案に賛成するものの、その前にやるべきことがあると伝えます。

 

このやることとは、別れることでした。

 

21話の感想

 

ラオンとヨンは再会を果たしたものの、結局罠…本当にどこに罠があるのか分かりませんね!

 

この後ラオンは実家で過ごしていましたが、この時突然の刺客の襲撃…これはめちゃくちゃ怖い展開でした。

 

ラオンは特に武術に長けているというわけでもありませんしね、母親も。

 

そんなピンチな状況で、ビョンヨンが現れて刺客を追い払ってくれてよかったです。

 

ビョンヨンが現れなければ、絶対にもうだめだったんじゃないかな…と思うほど怖かったです。

 

こんな怖い経験をしたのですから、母親が違う遠く離れた場所に行こうと提案するのも無理はありませんよね。

 

ラオンは、本当にやることとしてヨンと別れてしまうのでしょうか…。


 

22話のあらすじ

ラオンはヨンと会った時、ヨンに小刀を向けます。

 

この時ラオンは、父親を逆賊扱いして殺されたことを訴えましたが、ヨンは恐れることもなくラオンの両手を掴みました。

 

そしてこの小刀で、自分の手首に着けている永遠の腕輪を切り、自分の気持ちを伝え、ラオンを止めました。

 

この時もう会わないと言われたラオンは、涙を流しました。

 

ついにヨンは、ハヨンが婚礼を挙げることを決意しました。

 

同じ日、ラオンの父親のホンギョンネは、死んだと思われていましたが、実は生きていて捕まったという情報が入ります。

 

ギョンネが捕まった話を聞いた王様は、倒れてしまいます。

 

この話を聞いたヨンは、王様の元へ会いに行きました。

 

22話の感想

 

この小刀を向けたシーン、ハラハラしました!

 

この時恐れを感じないヨンの姿は、たくましかったですね。

 

ラオンだから信頼感があったのでしょうか?それはわかりませんが、この時のもう会わないは忘れられないくらいダントツで切なかったです。

 

この状況でついに腹をくくったのか、ヨンはハヨンとの婚礼を決意してしまいましたね。

 

婚礼のシーンを観ていて本当にいいの…!?なんて思っていた矢先、予想外な展開が起こりましたね。

 

ついにラオンの父親、ギョンネが登場しました。

 

さて、ギョンネ登場でラオンは一体どうするのでしょうか?ラストパートに突入したという印象です!


 

まとめ

雲が描いた月明かりの21話と22話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、雲が描いた月明かりの動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る