雲が描いた月明かり【19話と20話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

雲が描いた月明かり

 

このページでは、雲が描いた月明かりの19話と20話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

19話のあらすじ

ミョンウン王女は、チョンドッコから長年の想いを伝えられます。

 

ユンソンは、ビョンヨンからラオンを誰も知らない場所にこっそりと連れ出してほしいとお願いされます。

 

ヨンとラオンは一緒に寝ていましたが、ヨンが目を覚ますとラオンはいませんでした。

 

ラオンの姿を探していたヨンは、ラオンの着ていた服とプレゼントした永遠の腕輪が置いてあるのを発見します。

 

実家に戻ったラオンは、母親から父親の話を聞かされながら日々を過ごしていました。

 

一方ヨンは、ユンソンにラオンのことを質問するものの、具体的な何かを聞き出すことはできませんでした。

 

19話の感想

 

地味〜にミョンウン王女の恋が実った(…でいいのかな)瞬間もありましたよね。

 

なかなかラオンの環境を取り巻く複雑な状況が描かれていることが多かったので、ちょっとほっこりすることができた部分でもありました。

 

一方ユンソンは、またラオンのために自らが動き始めていました。

 

本当にどこまでラオンのために動いてあげるんだろう…なんて、ユンソンから目が離せなくなってしまいました。

 

無事実家に帰ることができたラオンは、淡々と日々を過ごしていましたが、本当にずっとこのままなのでしょうか?

 

ヨンとラオンの関係も気になるところですが、ラオンのこれからの人生も気になります。


 

20話のあらすじ

ラオンは、ヨンのことが気になって仕方がない気持ちでいっぱいになりながら日々を過ごしていました。

 

ついにキム氏が産気づき、出産をしたものの、子供は王女様でした。

 

王女様ではなく王子様が欲しかったキム氏は、出産したばかりの王女様の顔を見ないまま、片づけることを命じます。

 

そして内密に女官に出産させた男の子を自分の子供としました。

 

ラオンはユンソンと会い、ひと時を過ごしていましたがヨンのことを忘れられずにいました。

 

後日、自分に優しくしてくれるユンソンに対し、来ないでほしいとお願いをします。

 

泣かないつもりでいたラオンは、号泣してしまいました。

 

20話の感想

 

何だかんだラオンは、実家に帰ってヨンと離れていてもヨンのことが気になるんですね!

 

…って、あれだけ好きなわけですから、そりゃそうですよね。

 

一方キム氏のむごい企みがひっそりと進行してしまいました…。

 

王子様を産みたいという気持ちがあるのはわかりますが、だからといってここまですることないのに…ひどいですよね。

 

そんな黒い企みが進んでいる中、ラオンはユンソンに対し来ないでほしいとお願いをしてしまいました。

 

本当にここ、切なかったです…!

 

ラオンが号泣しているところが切ないのではなく、どちらかというとユンソンの方に感情移入してしまいました。


 

まとめ

雲が描いた月明かりの19話と20話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、雲が描いた月明かりの動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る