雲が描いた月明かり【15話と16話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

雲が描いた月明かり

 

このページでは、雲が描いた月明かりの15話と16話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

15話のあらすじ

ヨンの婚礼の準備が始まりました。

 

ユンソンはヨンに、ラオンが辛い思いをしていることと、自分がラオンのことが好きだということを伝えました。

 

一方ビョンヨン裏の仲間と仲間割れをしてしまいます。

 

ラオンのことはほっといてほしいと訴えていたヒョンヨンは、殺されそうになります。

 

この時白雲会の長が現れます。

 

何とこの白雲会の長は、ヨンに仕えているハンサンイク内官でした。

 

ラオンの前に、サンイク内官が現れ、ラオンを探し続けていたことを伝え、今までの経緯を伝えました。

 

状況を飲み込めないラオンが戸惑っていた時、ヨンも現れ、サンイク内官に問いただします。

 

15話の感想

 

何だかんだ進行しているヨンの婚礼…気になりますね。

 

この状況でユンソンがついにヨンへラオンに対する気持ちを伝えていました。

 

めちゃくちゃかっこいいですね、ユンソン…!

 

しかし恋愛模様だけではなくビョンヨンにも危険が迫っていましたね。

 

おまけに白雲会の長がまさかのサンイク内官…って、この展開は衝撃を受けましたしめちゃくちゃ意外でした!

 

そしてサンイク内官は、ラオンの前に現れて状況を説明…ここもまた急展開でしたね。

 

一気にラオンを取り巻く環境の謎にも触れつつあった、衝撃的な展開が多かったので、とにかく次回がとても気になります。


 

16話のあらすじ

ヨンは、ハヨンに対し想っている人がいることを伝えます。

 

一方ラオンは、キム氏に男であることを疑われていました。

 

ヨンも現れますが、キム氏の疑いは止めることができず、衣服を脱がなければいけない状況に直面してしまいます。

 

このピンチを現れたサンイク内官が納めます。

 

ついにラオンは、ヨンのお陰で母親と再会することができました。

 

感動の再会を果たしたものの、ラオンの母親は複雑な気持ちも抱えていました。

 

ラオンとヨンとの関係を悟ったラオンの母親は、複雑な気持ちを抱えたまま、正式な手続きをするために戻るラオンとヨンを見送りました。

 

16話の感想

 

何だかんだヨンも、しっかりとラオン一筋なので、ハヨンに想っている人がいることを伝えていましたね!

 

きちんとこういう風に伝えるヨン、かっこいいじゃないですか。

 

一方ラオンは、キム氏に男であることを疑われるという崖っぷちな状況に直面していました。

 

この状況をしっかりと収めてくれたのが、あのサンイク内官だったのですが、本当にこの人がいなければ絶対に収まらなかったと思います…。

 

さすが白雲会の長をやっているだけはありますね!

 

そしてラオンは念願の母親との再会も果たすことができましたし、なかなかいい展開が多かったです。


 

まとめ

雲が描いた月明かりの15話と16話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、雲が描いた月明かりの動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る