雲が描いた月明かり【11話と12話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

雲が描いた月明かり

 

このページでは、雲が描いた月明かりの11話と12話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

11話のあらすじ

ヨンは、王の誕生日の祝いの宴で踊っていたのはラオンだということに気づいていました。

 

一方マ内官は、ヨンの計らいで惚れている女性と一緒に宮中を出て外で幸せに暮らすことができました。

 

以前よりもヨンとの距離が近づいたラオンは、戸惑いながら日々を過ごしていました。

 

ある日、ラオンはハヨンから恋愛の相談を持ち込まれます。

 

そんな中、ハヨンがユンソンの伴侶になる方向に話が進み始めていました。

 

ユンソンはハヨンに対し、この縁談を穏便に破談する方向に持っていくことを持ちかけます。

 

町を歩いていたヨンは、永遠の腕輪をお店で見つけ、手を伸ばします。

 

この時、偶然を装って現れたハヨンも、同時に永遠の腕輪に手を伸ばしました。

 

11話の感想

 

ヨンがあの踊っていた女はラオンだったということに気づいていたのは意外でした。

 

そういうわけだから、なおさら惹かれたのかもしれませんね。

 

おまけにマ内官の話には続きが合って、何と無事外で愛していた女性と幸せに暮らすことができるようになったという嬉しい展開が用意されていました。

 

この展開は、めちゃくちゃうれしい展開ですね!

 

おまけにこの展開を用意したのはヨンですから、なおさらヨンに対する好感度もぐぐぐっと底上げです。

 

ただ、気になる女性の存在が出てきましたね…そうです、ハヨンです。

 

ハヨンがヨンに対しどのような存在になっていくのかも注目です。


 

12話のあらすじ

ヨンは、ビョンヨンの姿を偶然発見しました。

 

誰かに追われていたビョンヨンは、てっきり理由を聞かれるかと思っていましたが、ヨンは理由を聞きませんでした。

 

ラオンは、ハヨンとヨンが2人で一緒にいるところを目撃してしまいます。

 

この時ラオンは、ハヨンの好きな人がヨンであることに気づいてしまいました。

 

複雑な気持ちでヨンと向き合っていたラオンは、ヨンから永遠の腕輪をもらいます。

 

そしてラオンが女であったことに気づいていたことを告げられます。

 

一方ビョンヨンは、ラオンとホンサムノムが同一人物で宮中にいることを知ってしまいます。

 

王女様が行方不明になってしまい、みんなで王女様を探します。

 

ラオンが、行方不明になっていた王女様を見つけました。

 

12話の感想

 

ビョンヨンが一体何をしているのか…すごく気になる展開になってきましたね。

 

そんなビョンヨンに対し、全く理由を聞かないヨンは、ビョンヨンを信頼しているからなのでしょうか。

 

この状況で、ラオンはハヨンとヨンが一緒にいるところを見てモヤモヤするという…可愛い恋愛の展開がありましたね。

 

ハヨンがヨンのことを好き、ということも知ってしまい、ある意味三角関係状態なので、この恋愛も気になるところです。

 

絶対にスペック的には、ハヨンの方が優位ですからね…。

 

一方王女様が行方不明になるという困った展開も起こりましたが、この王女様も何か訳ありな様子で、とても気になります!


 

まとめ

雲が描いた月明かりの11話と12話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、雲が描いた月明かりの動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る