奇皇后【51話(最終回)】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

奇皇后

 

このページでは、奇皇后の51話(最終回)のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

このページの目次

 

51話のあらすじ

ヤンはメバク商団の会合に乗り込みました。

 

メバク商団の頭は、正体不明だとされていましたが、この人物が宮中にいる人物の中にいると感づきます。

 

タルタルは、ヤンからメバク商団の会合に直々に出向いたことを聞かされます。

 

この時タルタルは、ヤンが引き連れていたメバクの手下を連行します。

 

実はメバク商団の頭は、コルタでした。

 

コルタがメバク商団の部下と話をしているところをタファンは聞いてしまいます。

 

この後コルタは、皇太后に自分がメバク商団の頭であったことを告げ、ヤンとタファンの仲に亀裂が入ったことを報告します。

 

そんな中、ヤンはタルタルが討ち死にし、大都に反乱軍が押し寄せてくるという報告を受けます。

 

ヤンは、毒が周り弱っているタファンに反乱軍のことを聞かれますが、タルタルから勝利の知らせが届いたと言い、安心させます。

 

この後タファンが愛していると言ったため、心から慕っていることを告げます。

 

タファンは、そのまま動かなくなりました。

 

51話の感想

 

ヤン、とことん危険な状況も気にせず乗り込んでいくんですね!

 

この勇気は凄いなぁと改めて思い知らされました。

 

ここでとにかく驚いたのは、あのメバク商団の頭がコルタだったことです。

 

コルタはあれだけタファンの傍にいて、毎回タファンに尽くしていた印象があったのですが、裏の顔の怖さに衝撃を受けました…。

 

こんな人が自分の身近にいたら、ゾッとしますよね。

 

最後はタルタルも死んでしまいますし、ヤンやタファンからしても決して幸せだとは言えない状況でした。

 

しかしタファンのヤンに対する気持ちが、最後にようやく通じることができたのは、切ないですが凄くよかったです。


 

まとめ

奇皇后の51話(最終回)のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、奇皇后の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る