奇皇后【49話と50話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

奇皇后

 

このページでは、奇皇后の49話と50話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

49話のあらすじ

タファンは、ペガンを殺すとき、なぜ自分に相談しなかったのかとヤンを問い詰めました。

 

自分の一番の忠臣を殺されたタファンは、ソッコテジェをしろとヤンに命じました。

 

一方タルタルは、ヤンの前に現れ、ペガンの屋敷にあった元にいる漢族のうち張氏、王氏、李氏、劉氏、趙氏の姓を抹殺する企てが記載された書を渡されます。

 

そしてこれが殺さなければいけなかった理由だと告げ、タルタルはヤンの罪をどうにかしたいと考えていました。

 

しかしヤンは、自分のことは自分で解決するとタルタルに告げ、その場を後にしました。

 

タファンの前に現れたヤンは、過ちを犯していないと告げます。

 

49話の感想

 

ついに暴走していたペガンは殺されてしまいましたね…。

 

このことをタファンはヤンに問い詰めますが、結局怒りがおさまりませんでした。

 

あれだけ愛していたヤンに対して、ソッコテジェをしろと命じるなんてちょっとびっくりしましたよ…。

 

そんなヤンの味方であったタルタルは、ヤンを救い出そうと考えていて、凄く立派でした。

 

このままタルタルに助けてもらえればよかったのに、ヤンは自分で頑張るという険しい道を選ぶなんて…。

 

ヤンの性格を考えたら確かにそういう選択をすることは想像できますが、でも今回くらいはタルタルに頼ってもいいのではないかなと思いました。

 


 

50話のあらすじ

タンギセはタファンから最後の一撃をくらい、殺されてしまいました。

 

部屋で1人になったタファンは、マハがヤンとユの子供であることを聞いてしまったため、このことについて考えていました。

 

信じたくないタファンは、コルタにソ尚宮を探すことを命令し、会うことを決意します。

 

ソ尚宮はコルタに連れられ、タファンの前に現れます。

 

タファンは、マハがヤンとユの子供なのかと質問し、タナシルリがマハを連れてきたいきさつも質問しました。

 

話を聞いた後、タファンは、その場でソ尚宮を殺してしまいました。

 

この時タファンは、この事実を知っている人を全て殺すことを決意します。

 

50話の感想

 

ついにタンギセも最期を迎えましたね…。

 

一方タファンは、マハがヤンとユの子供だということを知って考えてしまうという状況に…って、そりゃぁ考えますよね。

 

ただ考えるのはいいんですけど、結局信じたくなかったため、ソ尚宮に会うという行動を取るという展開は、意外でした。

 

タファンって、なかなか行動力ありますね〜。

 

ソ尚宮は、真実を伝えるのですが、結局タファンにその場で殺されるという展開…。

 

この展開は、びっくりしましたが、ソ尚宮だけではなく他の人も殺すことを決めてしまったので、さらに驚きました。

 

やっぱり、このことが知られなくないんですね…。

 

知られたくないという気持ちはわからなくもないですが、知っている人全てを殺すという決断を取ったのは、何だか残念です。


 

まとめ

奇皇后の49話と50話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、奇皇后の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る