奇皇后【41話と42話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

奇皇后

 

このページでは、奇皇后の41話と42話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

41話のあらすじ

ヤンはタファンになぜペガンが征服戦争をすることを止めないのかと質問しました。

 

タファンは、ペガンが私利私欲で動いていないことを理由に、ヤンに答えます。

 

ヤンは納得することができなくなったため、人は変わるものだと説得しますが、タファンは野望ではなく大儀だと言い放ち、聞く耳を持ちません。

 

一方タルタルは、ヤンにヨンチョルの秘密資金の隠し場所に案内します。

 

そして資金が消えていることも告げた後、どこに秘密資金があるのかとヤンを問いただします。

 

ヤンは初めて聞いたことを説明し、戦の資金が消えたなら幸いだとタルタルに答えました。

 

タルタルは負けを認め、これからは二度と負けないと告げました。

 

41話の感想

 

タファン、すっかりペガンに飲み込まれてしまった感じですね…。

 

ヤンの話をしっかりと聞いて、ヤンに従っていればいいのに、どうしてまたペガンの征服戦争をしようという提案にのってしまうのか…。

 

タファンの理由を聞いても、複雑ですよね…。

 

この状況でタルタルはヤンに秘密資金について質問していましたね。

 

この時初めてタルタルが、ヤンからの負けを認めていましたが、この後の二度と負けないという言葉も気になります。

 

宮廷内で、何かしらの歯車が狂い始めた感じがしますが、この状況がどのような展開を起こすのか…ちょっと不安な気持ちでいっぱいです。

 

早く解決しないと、もっと変な方向に行きそうですよね。


 

42話のあらすじ

タルタルはペガンに、今は内政に励むべきだとアドバイスを送るが、ペガンはこのアドバイスを受け入れませんでした。

 

この時ヤンも現れ、今のペガンはヨンチョルそのものだと告げますが、ペガンは否定します。

 

ヤンはペガンがヨンチョルよりも危険な男だと感じてしまいます。

 

ソヌはヤンがマハを抱いている姿を見て、陰で涙を流していました。

 

一方タファンは、ヤンを強く抱きしめ改めて感謝の気持ちを伝えます。

 

いきなりタファンがこのような態度をとったため、ヤンは驚きました。

 

タファンはお酒をよく飲むようになり、ヤンはその様子が気になるようになります。

 

42話の感想

 

ペガン、なんか暴走気味ですね…。

 

タルタルの内政に励むべきというアドバイスも受け入れない状況になってしまうなんて…。

 

どちらかというと、ペガンに対しタルタルは常に助言をするという立ち位置だったので、ペガンよりもタルタルの方が断然頭が切れる存在なイメージがありました。

 

しかしそんなタルタルの助言を聞き入れないペガン…明らかに何かがおかしくなりそうな展開です。

 

この状況でタファンは、お酒を飲みまくる日々になってしまいますし…。

 

これはヤンも心配しますよね。

 

タファンもこのままおかしくなってしまうのでしょうか?ん〜、心配ですね。


 

まとめ

奇皇后の41話と42話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、奇皇后の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る