奇皇后【3話と4話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

奇皇后

 

このページでは、奇皇后の3話と4話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

3話のあらすじ

スンニャンは忍び込んでいたタファンを引っ張り出します。

 

タファンは身分を隠し、兵士だと告げたためスンニャンは殺そうとしましたが、殺すのをやめ強引に外へ連れ出しました。

 

馬の糞の片づけを依頼されたタファンは、皇太子であることを伝えますがスンニャンは信じませんでした。

 

一方タルタルとペガンは、元々タファンがいた場所いきタファンの様子を伺います。

 

タファンに成りすました人物は、このピンチを切り抜けました。

 

そんな中、奇襲が勃発し、スンニャンも他の兵士と一緒に戦います。

 

タファンになりすましていた人物は、皇太子だと思われ殺害されてしまいました。

 

皇太子がなくなったと思った兵士達が騒ぐ中、タルタルとペガンはタファンではな別の人物が死んでいることに気づきます。

 

3話の感想

 

スンニャンはタファンの正体が知らないため、なかなか手荒な態度を取っていましたね。

 

このスンニャンとタファンのやり取りが、凄く面白くて好きでした。

 

おまけにタファンが死んでしまったという状況の中、確認をしに行った時のタルタルとペガンの反応も、なかなか良かったですね。

 

タファンだと思われて殺害されてしまった人は、とても気の毒でしたが、タファンが無事でよかったです。

 

この激しい戦いの中、スンニャンも女なのに他の兵士と一緒に戦っていて、ここもすごくかっこよかったです!

 

これからもどんどんスンニャンには活躍していってほしいところです。


 

4話のあらすじ

キジャオは、スンニャンを呼び出し、母親と似ていると告げました。

 

そして指輪を出し、自分がスンニャンの父親であることに気づいたことをさり気なく知らせます。

 

それでもスンニャンは父親と呼ばずに、ジャオのことを長官と呼びました。

 

パクプルファはその場を去ってしまったスンニャンを追いかけていきました。

 

この時スンニャンは、父親に迷惑をかけたくないと告げ、スンニャンとして長官として仕えることを告げました。

 

一方タファンは、スンニャンに剣術を教えてくれとお願いします。

 

スンニャンは断るものの、結局教えることになるのでした。

 

4話の感想

 

ついにキジャオが、自分がスンニャンの父親だということに気づきましたね…!

 

感動の父親と娘の再会…ときたかと思ったら、意外とそういう感じではありませんでした。

 

スンニャンが父親に迷惑をかけたくないという気持ちもわからなくはないですが、少しは父親として接してもいいと思いましたね。

 

でもここにスンニャンの父親を、最大限思いやる気持ちが込められているのかなと感じることもできました。

 

一方タファンは、スンニャンに剣術を教えてもらうのですが、なかなかセンスがない様子でしたね。

 

このタファンの様子も、なかなか面白かったです。


 

まとめ

奇皇后の3話と4話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、奇皇后の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る