奇皇后【39話と40話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

奇皇后

 

このページでは、奇皇后の39話と40話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

39話のあらすじ

タファンはヤンに、ヤン以外を皇后に迎える気はないという意思を伝えます。

 

しかしヤンは、そんなタファンの気持ちをよそに、自分を貴妃にして興徳殿を与えてほしいとお願いします。

 

ヤンは息子のアユを守るために、皇后にはならなくとも、皇后に並ぶ待遇が必要だと考えていたからです。

 

このヤンの考えに、結局タファンは賛成することになります。

 

一方皇太后は、ヤンを宮廷から出さなければいけないと考えていました。

 

そのためこの考えをタファンに告げますが、タファンは反対します。

 

しかし皇太后も引かず、タファンの態度がヤンを魔物にしていると告げてしまいます。

 

39話の感想

 

タファンのヤンに対する一途な気持ちは相変わらず続いていますね。

 

凄くいいなぁと思うのですが、そんなタファンに対しヤンはしっかりと自分の意思を貫き通します。

 

ヤンは自分のことだけではなく、息子を守るためにこういう決断をして、本当に素晴らしいですね!

 

タファンもしっかりと自分の希望を無理に貫き通すだけではなく、ヤンの希望を通してあげて、凄く立派でした。

 

ここで気になるのが、皇太后の行動です。

 

皇太后がヤンを魔物にしていると発言していましたが、この発言がどのような方向に展開していってしまうのでしょうか?

 

やっとひと段落ついたと思ったのに、また何かが起こりそうで心配です。


 

40話のあらすじ

ヤンは夜道でタンギセに襲われてしまいます。

 

ヨンチョルとタナシルリ、タプジャヘの恨みからこの行動に出たタンギセに対し、ヤンも母親の恨みを晴らすために立ち向かいます。

 

一方ユは、「八八王が消えたとさ燕を捕りに巣に行ったけど糞だけしたよ…」という、奇妙な歌を村で聞いたことが気になっていました。

 

そのためこのことをヤンに伝えます。

 

話を聞いて気になったヤンは、さらにこの歌の歌詞を教えてもらいます。

 

タファンはペガンに呼ばれ、偉大な皇帝になってほしいということを伝え、征服戦争を提案しました。

 

そんなペガンに対し、タファンはペガンと志を共にすることを誓いました。

 

40話の感想

 

ヤン…タンギセに襲われてしまいましたね。

 

しかしヤンも負けてはいません、しっかりと母親の恨みを晴らすために、ヤンもタンギセに立ち向かっていました。

 

どちらも恨みを持ちながらの争いなので、この争いはなかなか怖かったです…。

 

一方ペガンは、タファンに征服戦争を提案するという意外な行動にでました。

 

タファンは反対するのかなーと思っていたのですが、ペガンの熱意に押されて征服戦争をすることを賛成してしまいましたね…。

 

せっかく穏やかな日々がまた戻ってくると思ったのに、さらに波乱な日々になりそうで、凄く嫌な予感がします…。

 

この征服戦争を、ヤンがとめてくれるといいんですけどね…。


 

まとめ

奇皇后の39話と40話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、奇皇后の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る