奇皇后【37話と38話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

奇皇后

 

このページでは、奇皇后の37話と38話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

37話のあらすじ

タファンは、ヨンチョルへの挙兵で死ぬことを覚悟して刀を取りました。

 

そして部下たちに死なないでほしいと約束をし、みんなで生きてヨンチョルを倒すようにと伝えます。

 

この状況でヤンも、皇太后たちと話し合い、防衛の指揮に取り組みます。

 

一方ユが率いている守備隊も、ヨンチョル側の守備隊と激戦を展開していました。

 

ヨンチョルは、ユに助けを求め、城門の外へ出してほしいとお願いをします。

 

助けてくれたら望みのものをあげるということを伝えながらも、ヤンを殺すことを伝えたヨンチョルに対し、ユは酒をすすめます。

 

タナシルリは、ヤンが自分の前に現れたため動揺してしまいます。

 

37話の感想

 

今回はなかなかタファン、たくましいじゃないですか。

 

これだけたくましく、部下のことを思っている姿をみたら、みんなタファンについていきたくなりますよね。

 

もちろんタファンだけではなく、ヤンも頑張っていたのが凄くよかったです。

 

一方あれだけ今まで堂々としていたタナシルリは、ヤンの姿を見るだけで動揺しているなんて…ちょっと意外ですね。

 

ヨンチョルとユのやり取りもなかなかでしたし、それぞれが一生懸命自分のできることを通じて奮闘している姿が描かれていました。

 

この状況で、果たしてどういう展開になるのか…楽しみですね。

 

ついにヨンチョルの最期まであと少し…といったところでしょうか。


 

38話のあらすじ

ついにヨンチョルが終期を迎えてしまったため、タンギセは泣きながら自分が至らなかった息子だったことを後悔します。

 

タナシルリの元にタファンが現れたため、タナシルリは今の状況の怒りをタファンにぶつけます。

 

そして自分にはもう悪意しか残っていないと伝え、笑い狂います。

 

タファンはそんなタナシルリに対し、毒を与えると伝え、殺した者たちに許しを請い、罪を悔いることが人の道理だと教えます。

 

そのままその場を去ったタファンに対し、タナシルリはマハが復讐をしてくれるだろうと希望を託すのでした。

 

結局タナシルリは、処刑台に立ち、首をロープで吊られ死んでしまうのでした。

 

38話の感想

 

ついに…ついに!ヨンチョルが最期を迎えましたね!

 

タンギセが泣きながら後悔しているシーンは、タンギセがヨンチョルの息子だったということを再確認させてくれるシーンでもありました。

 

一方タナシルリとタファンのやり取りは、何だかとても切なかったです…。

 

このやりとりから、タナシルリは本当にタファンのことが好きだったということも伝わるからです。

 

しかしこの好きだった気持ちがどんどんねじれてしまい、結局はタナシルリが言っていたように悪意しか残らない結末となってしまいました。

 

もしかしたら、タファンが最初の頃から少しでもタナシルリのことを大切に思っていたら、タナシルリの最後は違ったのかもしれません。


 

まとめ

奇皇后の37話と38話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、奇皇后の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る