奇皇后【27話と28話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

奇皇后

 

このページでは、奇皇后の27話と28話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

27話のあらすじ

タナシルリは、側室たちが妊娠しないように企みますが、皇太后にも見抜かれてしまいます。

 

そんなタナシルリにも屈せず、ヤンは言い返してやります。

 

そしてヤンは、タファンに毎日寝床に呼ぶようにお願いをし、文字を読むことができないタファンに、文字を勉強してもらうことにしました。

 

これもタルタルと計画をしていたことで、文字を覚えた後は、様々な本を読破させる予定でした。

 

文字を読むことができるようになり、知識を身に着けることで上奏文を読むことができるようになるためです。

 

これは皇帝の権限を取り戻すうえで、重要なことでもありました。

 

27話の感想

 

タナシルリ…本当に怖い人物ですよね…。

 

そんなタナシルリの企みを見抜く皇太后は、やっぱりさすがだなぁと感じてしまいます。

 

今回特にぐっときた展開は、やはり何といってもヤンがタファンに文字を教える作戦です。

 

毎晩呼ぶように頼んで、遊んでいるように見せかけて実は裏で文字の勉強をする…このさり気ない努力っぷりが凄くよかったです。

 

皇帝の権限を取り戻すために取り組んでいることなのですが、この行動によってどれだけ本気で皇帝の権限を取り戻すために頑張っているのかがより伝わります。

 

タファンが一生懸命、文字を習っている姿も、最高でした。

 

この調子で、しっかりと文字を習得してほしいですね!


 

28話のあらすじ

タファンは皇帝の座を怖いという理由で捨てようとしていました。

 

そんなタファンに対し、ヤンはもう何もすることはできないと冷たい態度をとります。

 

この時、タナシルリの声がしたため、タファンはヤンを置いてその場を去りました。

 

ヤンのためにすべてを捨てようと思っていたタファンは、考えが変わり、途中で挫折した文字の勉強を再開することを決意します。

 

タファンはヤンから軽蔑された状態が続きましたが、ヤンに伝えることなく文字の勉強をつづけました。

 

強気の態度をとるヤンに対し、タナシルリも後を引きません。

 

再びタナシルリは嫌がらせを続けます。

 

28話の感想

 

結局、色々努力していても皇帝の座が怖いという理由だけで捨てようとしているタファンは、何も変わっていなかったのでしょうか…。

 

正直ここを観た時は、タファンにすごくがっかりしてしまいました…。

 

何だかんだ、タファンって、ダメな人だなぁと思っていたのですが、ヤンの本気な姿勢を観て豹変しましたよね。

 

ヤンのおかげで気持ちを切り替え、文字の勉強を再開したタファンは、本当に素晴らしかったです。

 

一方タナシルリは本当にひどいのですが、ヤンもそんなタナシルリに負けていない…この2人のやりとりも凄いですよね。

 

どんなタナシルリの嫌がらせにも負けないヤンの姿は、元気づけられます。


 

まとめ

奇皇后の27話と28話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、奇皇后の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る