奇皇后【25話と26話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

奇皇后

 

このページでは、奇皇后の25話と26話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

25話のあらすじ

タファンの側室選びが始まりました。

 

側室候補の中に、ヤンがいたためタファンは驚きます。

 

しゃべることができなくなっていたタファンはヤンという言葉を発することができたため、トクマンや皇太后は少し明るい表情をしました。

 

この時、側室選びの審査に加わりたいとタナシルリが現れます。

 

ヨンチョルの名前をだし、強引にタナシルリも審査に参加することになりました。

 

トクマンはヤンに側室にいなるのはやめろと止めようとしますが、ヤンを止めることはできませんでした。

 

タファンは、声が出るようになりましたがこのことは周囲に秘密にし、ヤンと内密に会うことにしました。

 

25話の感想

 

宮廷は本当に色々ありますね…、今度は側室選びが始まりました。

 

この側室候補にヤンが紛れ込むという展開は、凄くいい展開でした!

 

タファンも気づいて驚いていましたが、ヤンの姿を見て少しだけ言葉を発せられるようになるなんて…凄いですね。

 

それだけまだヤンのことが忘れられないということなのかもしれません。

 

一方トクマンはヤンを止めようとしますが、ここはさすがヤン!引き下がるわけがありませんよね。

 

ちゃんと決めたことはやり通すヤンの性格ですから、いくらトクマンでもやはり止められませんでした。

 

タファンはヤンとの密会を決めましたし、これはヤンの方にいい風が吹いてきたのではないでしょうか?


 

26話のあらすじ

タナシルリは、ヤンだけではなく他に長官の娘4人を側室に選び抜きました。

 

偶然ヤンを見たタンギセは、驚きます。

 

一方タナシルリは、側室達を厳しく教育することを決意します。

 

この時側室の1人とタファンが床入りすることも聞いてしまいました。

 

ヤンは事前に、タルタルから側室潰しで使われる手を聞いていました。

 

そのため顔がよく狙われることを知っていたため、顔を洗う場面で顔を洗うことを避け、代わりに持ってきた女官にぶっかけました。

 

また食事の時も、ヤンは嫌がらせを受けます。

 

この時ヤンは自分の代わりに用意をした女官に代わりにご飯を食べさせるのでした。

 

26話の感想

 

またタンギセ…きましたね!ヤンを見てびっくりしていましたが、ビックリする気持ちもわからなくはありません。

 

このタナシルリの教育がまたやっかいでしたね〜…。

 

教育という名のこのタナシルリの嫌がらせは、本当に度を越していて怖すぎでした。

 

そんないわゆる側室潰しに対し、タルタルが事前にヤンに情報を教えていたのが凄くよかったです。

 

このタルタルとヤンの連携プレーのおかげで、嫌がらせを回避するこの状況は、とても観ていて気持ちよかったです!

 

この調子でどんどん、ヤンには側室潰しをすり抜けてほしいですね!

 

ヤンを観ていると凄く応援したくなります。


 

まとめ

奇皇后の25話と26話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、奇皇后の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る