奇皇后【21話と22話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

奇皇后

 

このページでは、奇皇后の21話と22話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

21話のあらすじ

タファンはヨンチョルを殺すつもりだったため、ヨンチョルの終期を見に行こうとヤンを誘います。

 

しかしヤンは、計画していた反乱は失敗してしまい、タンギセが兵と一緒にここに来ることを知らせます。

 

この時タファン達が暗殺を計画していたことを、ヤンはこの時初めて知ることになります。

 

反乱の黒幕を白状すれば、命を助けてもらえることになった罪人の1人が、皇太后が黒幕だと発言してしまいます。

 

このせいで皇太后は、前に突き出されてしまいます。

 

事前に皇太后はタファンに自分をかばわずに、皇帝の座を守れと言っていました。

 

そのためタファンは、皇太后の約束を守り、皇太后を廃位としました。

 

21話の感想

 

ついにタファンもヨンチョルを殺すことを決めていたみたいですね…。

 

ヨンチョルは、あちこちから恨みをかいまくっている人物でもあると思います。

 

そのため今回のようにいつ殺されてもおかしくない状況で生きているのではないでしょうか。

 

この状況で、事件の黒幕は皇太后だと嘘の発言をしてしまう罪人…衝撃的でした。

 

この一言であの強気な姿勢を常に見せていた皇太后が廃位になってしまうなんて、本当に宮廷は恐ろしいところですね…。

 

いくら事前にタファンと打ち合わせをしていたからといっても、この決断はタファンからしてもすごく辛かったと思います。


 

22話のあらすじ

トクマンは、弱っているヤンの脈を見た時、ヤンの体の異変を感じます。

 

その場にいたタファンやヤンにはこの異変のことは言いませんでした。

 

この後ヤンは、トクマンから世話をするようにと送り込まれた女官2人一緒に食べ物を食べていました。

 

一方タナシルリは、妊娠しているオジンの子供が男の子であることを知り、焦りを感じます。

 

夜、ヤンは悪阻で眠ることができませんでした。

 

この状況を見た女官は、ヤンが妊娠したことに気づきます。

 

驚いたヤンは、トクマンにユの子供なのかどうかを質問され、ようやく自分が妊娠していることを知ります。

 

22話の感想

 

今回はトクマンのさり気ないヤンに対する気遣いに、ジーンときた展開でした。

 

トクマンがいなければ、ヤンは妊娠していることにしばらく気づかなかったでしょうし、落ち着いた生活を送ることができなかったと思います。

 

ヤンが妊娠している子供がユの子供だということに、トクマンは質問する前から気づいていたのかもしれませんね。

 

そのうえで、こうやってヤンに気を遣ってくれたのかもしれませんね。

 

この状況でタナシルリは、オジンが男の子を妊娠していると知り焦りだしたので、また何かを企みそうで心配です…。

 

ヤンも、タナシルリにだけは絶対に妊娠しているとは知られてはなりませんよね…そう考えると、ある意味凄くハラハラします。


 

まとめ

奇皇后の21話と22話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、奇皇后の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る