花郎〜ファラン〜【15話と16話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

ファラン

 

このページでは、花郎〜ファラン〜の15話と16話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

15話のあらすじ

ソヌはジディに対し刀を突き刺し、ジディが王なのかと問い詰めます。

 

この時アロはジディをかばいますが、ソヌはアロの腕を刀で切りつけます。

 

しかしアロはジディが王ではないと否定し続けました。

 

そのままソヌは、その場から去ってしまいました。

 

アロはソヌがなぜここまで王のことを嫌っているのかが不思議でなりませんでした。

 

これを機に、ソヌのアロに対する態度が変わってしまうのでした。

 

この状況で花郎が世の中に出る時がやってきます。

 

初めての花郎の任務となり、南扶余に行くことになります。

 

花郎だけではなくアロも一緒に行くことになってしまうのでいた。

 

15話の感想

 

ソヌ、ついにジディを追い詰めましたね…!

 

ここまでのストーリー展開で思ったのですが、意外とソヌは勘がいい人物なのではないでしょうか。

 

この状況でアロはジディをかばってしまうのですが、これはソヌからすると複雑ですよね…。

 

これを機にせっかくいい感じだったソヌとアロの関係もぎくしゃくしてしまって、ちょっと残念でした。

 

早くこの関係が元に戻ってほしいなと願うばかりです!

 

一方花郎も、ただ課題をやっているだけではなく、ついに任務を任せられましたね。

 

アロもついて行くという展開ですが、どうか無事に戻ってこれますよに…!

 

こう祈りながらも何かが起こりそうで、不安です。


 

16話のあらすじ

アロやソヌをはじめとした花郎は、それぞれが様々な想いを抱えて王女様を守りながら南扶余へ向かいました。

 

そんな中、ソヌは王女様に対し、なぜアロもつれてきたのかを質問します。

 

夜、花郎達の元に金銭を狙う民の賊が現れてしまいますが、ジディは斬りつけることを止めてしまいます。

 

そのため民の賊が逃げてしまったため、スホはジディに怒りをぶつけます。

 

翌朝、予想通り贈り物は奪われてしまい何もありませんでした。

 

ソヌはなぜジディに民の賊を生かしたのかと質問を投げかけますが、ジディは殺してもいい民などいないと答え、その場を後にします。

 

王女様は、贈り物や食料が奪われてしまったものの、都へ戻るという判断はしませんでした。

 

16話の感想

 

観てわかるとおり、王女様は結構強気ですし武芸も長けているので、そこまで花郎達が必死に守らなくても平気そう…なんて思ってしまいました。

 

しかし任務として王女様を守るということを任せられたので、花郎として全うするしかないんですよね。

 

ここで予想外な展開が起こり、民の賊が現れるのですが、花郎メンバーからすると、そこまで強い敵ではないんです。

 

この状況で、民を思いやる気持ちが勝り、結局贈り物は盗まれてしまうのですが、この判断である意味よかったのかもしれませんね。

 

ジディが殺してもいい民などいないと話していたのですが、特にここが印象に残ったので、そう感じました。


 

まとめ

花郎〜ファラン〜の15話と16話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、花郎〜ファラン〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る