花郎〜ファラン〜【13話と14話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

ファラン

 

このページでは、花郎〜ファラン〜の13話と14話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

13話のあらすじ

ソヌはアロに対し、アロを見ると抱きしめたくなるという気持ちを打ち明けました。

 

そんな中只召太后は、アロをアロ自身はもちろんのこと人知れず殺すことを決意します。

 

王女様は、只召太后に命じられアロに近づきます。

 

そして主治医になってほしいとお願いするのでした。

 

花郎では、王女様が指揮を執った講義で、剣術と弓馬をすることになります。

 

この命がけの講義で、ソヌはアロの姿を発見します。

 

王女様はアロを狙って弓を討ちますが、失敗してしまいます。

 

再度王女様がアロを狙って弓を討った時、ソヌが身代わりとなって討たれてしまいました。

 

13話の感想

 

ソヌとアロ、なんだかんだ兄弟関係はダメでもいい方向に行っているみたいですね。

 

このまま幸せになってくれればいいんですけど、さてどうなるのでしょうか?

 

せっかく幸せな展開になりつつあるのに、只召太后はオソロシイことを考え始めてしまいましたね…。

 

ここまで女で上り詰めるわけですから、それなりに苦労はあるのでしょうが、それと同時に残酷なことも考えなければいけないのかもしれません。

 

王女様はアロを狙って弓を討ちましたが、ソヌが身代わりに…なかなか辛いシーンでした。

 

只召太后がどのような行動を取るのか、今回を機にかなり気になるようになってしまいました…。


 

14話のあらすじ

王女様はソヌに対し、自分の兄であり真興なのかと質問します。

 

一方ソヌは、矢を討ったことを質問しますが、王女様は鹿を狙っただけだと答えてしまいます。

 

そんな2人のやりとりをアロは陰から見ていました。

 

ハンソンは武芸が得意な兄のタンセと比べ、武芸が苦手でした。

 

このことがとてもコンプレックスだったハンソンは、ついにタンセにこの怒りをぶちまけ、稽古の途中でその場を去ってしまいます。

 

アンジは、ソヌの怪我を見ている時に、アロを守れと伝えます。

 

この時ソヌは、マンムンを殺した相手が王様であることを伝え、相手を殺さなければいけないと伝えます。

 

只召太后はソヌが真興だと思われている状況を好都合だと考え始めます。

 

14話の感想

 

王女様、なかなかしれっとした態度を取ってしまいますね。

 

絶対に鹿を狙っただけではないでしょう…。

 

それにしても、ソヌが矢を討たれて死んでしまうという展開ではなく、ちゃんと生きてくれていてよかったです。

 

一方ハンソンのコンプレックスも浮彫になりましたね。

 

タンセは武芸が得意なのに、自分が苦手…これは、花郎としてはとても辛い部分があると思います。

 

ソヌは、王様を殺すという目的を達成しようとしていましたが、一筋縄ではいかなそうですね。

 

本当にマンムンの仇を取ることができる日はくるのでしょうか?

 

この仇を取るために、死んでしまうという展開にだけはならないでほしいです。


 

まとめ

花郎〜ファラン〜の13話と14話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、花郎〜ファラン〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る