チュノ〜推奴〜【9話と10話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

チュノ

 

このページでは、チュノ〜推奴〜の9話と10話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

9話のあらすじ

オンニョンは、テハの額にある烙印で、ついにテハの身分を知りました。

 

この時テハは、オンニョンに対し、自分がどうして逃亡奴婢になってしまっているかの事情を説明します。

 

少しずつオンニョンとテハの距離は、出会ったことに比べて縮み始めていました。

 

一方オッポクは、奴隷団の中で着々と銃で両班を狙う日々が続いていました。

 

少しずつ、奴隷団に所属している奴隷達の団結力が高まっていきます。

 

そんな奴隷団の長である「あの方」は、まさに奴隷達に尊敬されている人物でもありました。

 

テハの元部下であるクァクハンソムも少しずつ行動を始めていました。

 

9話の感想

 

テハの額の烙印を見てついにオンニョンは、テハのことを知ることになりましたね。

 

自分が逃亡奴婢になった経緯も説明しましたし、何だかんだ本当にオンニョンとテハは着々といい関係を築きあげていっていますよね。

 

この状況、なかなかいい感じだな〜と思いつつも、やっぱりテギルのことを思い出すと複雑な印象も受けてしまうわけですが…。

 

そんな中、忘れてはいけないのが、奴隷団ですよね。

 

オッポクも少しずつ奴隷団としての活動に慣れていってるようなので、この奴隷団がどんな影響を与えるのか…気になるところです。

 

いい結果を出せるといいな、なんてちょっと応援したい気持ちも出てきました。


 

10話のあらすじ

ハンソムは、石堅様を守るために、修羅場を乗り越えていました。

 

ついにテギルは、オンニョンの兄であるクンノムと因縁の再会を果たすことができました。

 

複雑な想いが巡る中、テギルはクンノムを殺そうとします。

 

クンノムは、当時の夜の話題をした後、そのままテギルを兄と呼び、死んでしまいました。

 

石堅様と一緒に逃げていたハンソムは、とにかく石堅様を守るのに必死でした。

 

そんなハンソムの元へ、チョルンが追いついてしまいました。

 

この状況で、タイミングよくテハが現れ、チョルンと戦い始めるのでした。

 

一方その隙に、ハンソムは石堅様を連れて逃げます。

 

10話の感想

 

ハンソム、石堅様を守るために本当に修羅場過ぎる状況を乗り越えて、凄かったです。

 

ここまで人を守るために命懸けで戦うことができる人って、なかなかいないのではないでしょうか?

 

そう思わせられるほど、ハンソムのたくましさには脱帽でした!

 

一方テギルは、長年の恨みを晴らすときがきましたね…!

 

オンニョンの兄・クンノムに兄と呼ばれながら死んでしまったクンノムに対し、複雑な気持ちは残ったままでしたが…。

 

それでも、クンノムはもうテギルと同じ世の中には存在しないので、一応…恨みを晴らすことができたといえるのではないでしょうか。


 

まとめ

チュノ〜推奴〜の9話と10話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、チュノ〜推奴〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る