チュノ〜推奴〜【5話と6話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

チュノ

 

このページでは、チュノ〜推奴〜の5話と6話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

5話のあらすじ

ついにオンニョンと一緒に逃げていたテハは、テギルとチェ将軍、ワンソンに追いつかれてしまいました。

 

それでもどうにか逃げ切ることができましたが、オンニョンはテハがどうして逃げているのかが分かりませんでした。

 

また、テギルがいったいどういう人なのかですら不明のままでした。

 

そんなオンニョンはこの状況についてテハに質問しますが、テハは自分自身が脱走者でもなければ罪人でもないということを伝えます。

 

一方オンニョンの護衛節であるペッコも、着々とオンニョンの足取りを掴みつつありました。

 

テハを追いかけているテギルとチェ将軍、ワンソンは一旦ソルファを残してまた探しに行きます。

 

5話の感想

 

オンニョンとテハが逃げていた時、ついにテギルとチェ将軍、ワンソンに追いつかれちゃいましたね〜。

 

まだまだ追いつかれないで欲しかったなぁと思いましたが、でも何とか無事追いつかれたものの逃げ切ることができてよかったです。

 

しかしテハと逃げているオンニョンは、どうしてこういう状況になっているのか理解していないようでしたね。

 

そんなオンニョンに対し、テハは自分が脱走者でもなければ罪人でもないということを伝え、安心感を与えていたのが印象に残りました。

 

何だかんだ、こんな状況でもテハはオンニョンに対して優しいんですね!


 

6話のあらすじ

テギルは、テハから兵術でまんまと騙されてしまいます。

 

この隙にテハはオンニョンと一緒に、師匠がいる場所へと向かっていきました。

 

一方二番手の男と言われているファンチョルンは、イソニョンという障害を抱える妻に冷たい態度を取っていました。

 

ソニョンは自分の父親である左議政のイギョンシクに逆らわないでほしいと、チョルンに警告します。

 

ついにオンニョンは、追いかけてきている人物がテギルであるということに気づきます。

 

テギルに仕えていた頃に、テギルからもらった石をまだオンニョンは持っていました。

 

ついにテハを追いかけてきたチョルンは、テハとオンニョンがかくまってもらっていた師匠のもとへたどり着き、師匠を殺しました。

 

6話の感想

 

テハの兵術に騙されてしまうテギル…やっぱりテハは兵術を習得しているところが強みにでましたね!

 

しっかりとオンニョンを守りながら、師匠がいるところへ向かうことができました。

 

この逃亡劇を観ていると、本当に常にハラハラします…。

 

この状況で新たにファンチョルンという人物が登場したのですが、この妻への態度がひどかったです。

 

もう少し優しくしてあげればいいのに…なんて観ていてちょっと悲しい気持ちになりました。

 

テハはそんなチョルンにも追いかけられる状況になってしまい、ますます大変になってしまいましたね。

 

無事テハが逃げ切れるのかどうか、ますます気になる展開になりました。


 

まとめ

チュノ〜推奴〜の5話と6話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、チュノ〜推奴〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る