チュノ〜推奴〜【11話と12話】あらすじ・感想・ネタバレ!

 

チュノ

 

このページでは、チュノ〜推奴〜の11話と12話のあらすじ・感想を紹介しています。ネタバレもあります。

 

 

11話のあらすじ

テハは女性への接し方がイマイチよく分からないことをオンニョンに告げました。

 

この時オンニョンは、いつまでも変わらず思い続けてほしいだけですと、テハに対する想いを伝えました。

 

一方奴隷のオッポクとチョボクは、相変わらず銃で両班を打つ好意を繰り返していました。

 

石堅様を連れたハンソムは、テハとオンニョンと合流し一緒に雲住寺に向かい始めました。

 

チェ将軍が密旨を解くことができたため、テギル達も雲住寺へ向かい始めます。

 

この時チェ将軍は、オンニョンがテハと一緒にいることを考慮し、テギルに対し冷静な判断を貫くようにアドバイスを送ります。

 

11話の感想

 

何だかんだ、テハは不器用ながらもオンニョンのことを大切にしていて、優しい人ですよね。

 

今回は特にテハのオンニョンに対する対応を見てそう感じました。

 

一方オンニョンも、何だかんだテハのことが好きで、テハに優しい…。

 

テギルのオンニョンに対する想いももちろんわかりますが、この2人が本当に幸せになってほしいなと思える展開でもありました。

 

そんな中、チェ将軍のテギルに対するアドバイスの的確さは素晴らしかったですね!

 

さすが、チェ将軍…!チェ将軍がいるからこそのテギル達のチュノ師としての生活が成り立っているのかもしれません。


 

12話のあらすじ

雲住寺でオンニョンは祈りをささげていました。

 

この時、テハは部下から出発するように勧められます。

 

一方テギルとチェ将軍、ワンソンもついに雲住寺に到着することができたため、テギルは必至の思いで扉を開こうとします。

 

しかしテハやオンニョン、ハンソム達は出発した後で、残っていたのは雲住寺の僧侶だけでした。

 

雲住寺を出たテハやオンニョン達は、チョ学者や儒教者たちと書院で落ち合うことになりました。

 

テハはオンニョンが両班であったことと、今の自分は逃亡奴婢であることを踏まえ、改めて自分のオンニョンを大切にしている想いをしっかりと伝えました。

 

12話の感想

 

一生懸命オンニョンが祈りをささげているシーンは、とても印象に残ったシーンでもありました。

 

そんな中、ギリギリのところでテギルとチェ将軍、ワンソンが雲住寺に到着してしまいましたね。

 

本当にギリギリだったので、ここはちょっとヒヤヒヤしました…。

 

今回は、テハのオンニョンに対する気持ちが加速していましたね!

 

しっかりとオンニョンを大切にしていることを伝えたテハが、とてもよかったです。

 

それと同時に、この時代は、恋愛に身分がとても影響を与えますから大変だなと思いました。

 

でも、テハも最初から逃亡奴婢というわけではないのですから、もうちょっと自信を持ってもいいと思うんですけどね。


 

まとめ

チュノ〜推奴〜の11話と12話のあらすじ、感想をご紹介しました。

 

もしもあなたが、チュノ〜推奴〜の動画を無料視聴したいとお考えなら、今すぐこちらをクリックして確認してください。

 

U-NEXT

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

このページの先頭へ戻る